防爆カメラ

安全を第一に

安全衛生を保持するためには、危険エリアの映像監視用に防爆カメラおよびそのアクセサリーが必要です。カメラはステンレススチールのハウジングを搭載しており、HDTV解像度の画質を提供します。

危険エリアとは?

危険エリアとは、火災または爆発の原因となり得る量の引火性液体、蒸気、ガス、または可燃性粉塵が発生する可能性のあるエリアです。 このようなエリアは、石油精製所、ガスパイプライン、燃料補給所などに見られますが、病院の手術室、木工所、穀物を扱い保存する場所、および化学プラントにも見られます。

防爆カメラとは?

防爆カメラには、ネットワーク接続されたIPカメラを収納する頑丈な筺体が備わっています。 防爆カメラのハウジングにより、内部で火花や爆発が生じたり、周辺大気の水蒸気、ガス、粉塵、または繊維が発火するのを防ぎます。 電解研磨された316Lステンレス鋼のハウジングは、Eaton MEDC Ltd.によって製造および認定されており、カスタマイズされたAxisネットワークカメラが収納されています。 国によっては、下記の地図で示されているように異なる認定が適用されている場合があります。 認定の全リストについては、各カメラのデータシートをダウンロードしてご覧ください。

ネットワークカメラが危険エリアに適している理由

ネットワーク映像監視システムは、アナログの映像監視システムでは提供できないメリットと高度な機能を備えています。具体的には、高画質、ビルトインのビデオ分析、強化された安全性、将来も使い続けられる簡単な設置とシステム統合、リモートアクセス、優れた拡張性、柔軟性、高い費用対効果などが得られます。