AXIS Perimeter Defender

高セキュリティで拡張性に優れた周辺保護

  • 優れた検知精度と信頼性
  • 拡張性の高い周辺保護
  • 複数の検知シナリオ
  • i-LIDS認定
  • 簡単で直観的な設置

最初の防御レイヤー

AXIS Perimeter Defenderは、施設の周辺でセキュリティの活動開始範囲を強化します。 これは、化学プラント、発電所、刑務所、重要なインフラなど高セキュリティな施設において、物理的なアクセスコントロールを強化する場合に適しています。 Axisのネットワークカメラ、ホーンスピーカー、およびビデオ管理ソフトウェアと合わせて使用することにより、AXIS Perimeter Defenderは効率のよい周辺保護における、映像による総合的なソリューションを構成します。 また、立入制限区域監視用のプライマリ検知システムとして、i-LIDSの認定を受けています。

AXIS Perimeter Defenderは、侵入検知や徘徊検知など複数の検知シナリオに対応する、正確な検知機能を提供します。 このアプリケーションでは、さまざまな場所で同時に発生する複数のイベントも検知できます。 検知されたイベントを分析し、脅威ではないものを除外して、危機的な状況の可能性があるものをセキュリティ担当スタッフに通知します。 担当スタッフは詳細な映像データを選択して確認することで、明らかに脅威となる対象を特定し、それに応じた処置をとることができます。 その結果、正確な検知が行われ、誤った警報が最小限になります。 

検知シナリオ

AXIS Perimeter Defenderは、次のようなさまざまなタイプのシナリオを検知してアラームをトリガーできます。

  • 侵入: 1人以上の人物、または1台以上の車両が所定の領域に入って来た場合
  • ゾーン横断: 1人の人物または1台の車両が、所定の順序および方向で、所定の2つの領域を横切った場合。
  • 徘徊: 1人の人物または1台の車両が、一定の秒数以上、所定の領域に留まっている場合。
  • 条件付きゾーン横断: 1人の人物または1台の車両が、少なくとも1つの所定の領域から開始せずに、または領域を通過せずに、所定の領域に侵入した場合。 

拡張性の高い周辺保護

AXIS Perimeter Defenderは、任意な数のネットワークカメラやビデオエンコーダに組み込むことのできる拡張可能な分析アプリケーションです。 このアプリケーションでは、アラームイベント用のビデオをネットワークカメラやビデオエンコーダ上で直接分析できます。 ビデオが中央サーバーに送信されないため、追加のハードウェアは不要です。 そのため、システムは柔軟で拡張可能になり、ネットワーク帯域幅とストレージ容量の使用量も最小になります。

AXIS Perimeter Defenderにより、ビデオ管理ソフトウェアへのイベントストリーミングと、I/O制御、通知、エッジストレージなどのカメラアクションが可能になります。

いったん適切に構成されると、1つのインターフェイスおよび1つの場所からシステム全体を制御することができます。

含まれているアプリケーション

  • 無料のシステム管理アプリケーション: 1つのインターフェイスからすべてのカメラの接続および管理を行います。
  • 無料のシステム設計ツール: マップ上のカメラをドラッグ & ドロップすると、おおよその検知範囲と死角がすぐに表示されます。 
  • MilestoneとGenetec向けのオプションのVMS統合モジュール: アラームをトリガーした人物または車両の外形を映像内で描くことにより、アラームの原因を視覚化します。

簡単な手順で設置が可能

AXIS Perimeter Defenderの設置と設定は、迅速かつ簡単で、コスト効率が高くなります。 複数のカメラ上で同時にAXIS Perimeter Defenderを展開して、設定することができます。 このアプリケーションは直感的なシステム設計ツールと自動キャリブレーションを備えています。 ライセンスにはサポートとアップグレードが含まれています。

PCにソフトウェアをダウンロードおよびインストールするだけです。 アプリケーションでカメラを接続および設定し、イベントをビデオ管理システムと統合すると、AXIS Perimeter Defenderを起動して実行することができます。

Metadata overlay

During configuration, AXIS Perimeter Defender automatically applies a metadata overlay in the form of bounding boxes and trajectories that show the detection and tracking of moving objects. You can then choose to apply a burnt-in metadata overlay in live and recorded video. This feature -- available with Axis network video products with firmware version 7.30 and higher -- applies red boxes and trajectories for people and blue boxes and trajectories for moving cars. So you get visual confirmation of the objects being detected. This is particularly helpful when viewing thermal video.

購入方法

1ライセンスまたは10ライセンスパックの各コードは、Axisチャネルパートナーから購入できます。 カメラ1台につき1つのライセンスが必要です。 ライセンスは、ライセンスキー登録ページから有効にすることができます。 60日間の体験版をオンラインで入手できます。

ドキュメント

AXIS Perimeter Defender

プラグインとその他の機能

 

  • AXIS Perimeter Defender用の設計ツール
  • Milestone Plugin
  • Genetec Plugin

購入する

アクシス製品は、アクシスのグローバルパートナーネットワークを通してご購入いただけます。

パートナーを探す

製品選択

アクシス製品の検索と比較、および各製品に適したアクセサリーの検索が可能です。

製品の比較