無線技術

無線技術は、ビデオ監視アプリケーションにおいて柔軟性や費用対効果が高く、素早くカメラを導入できる手段を提供します。特に、駐車上のような広い場所や市街地の監視などに有効です。無線を利用すると地上にケーブルを引く必要がなくなり、また保護されている古い建物を傷つけることなくネットワークカメラを設置することができます。

Axisネットワークカメラには無線対応の機種があります。無線に対応していないネットワークカメラの場合、無線ブリッジを使用して無線ネットワークと接続することができます。

IEEE 802.11

AXIS M ネットワークカメラシリーズ

現在最も普及しているWLAN(無線ローカルエリアネットワーク)の標準規格はIEEE 802.11です。独自の規格を含め、他にも無線の規格はありますが、IEEE 802.11の利点はライセンス料が一切発生しないということです。IEEE 802.11に属する規格には、802.11b、802.11g、802.11a、さらに802.11nがあります。

IEEE 802.11bは1999年に策定されました。2.4GHz周波数帯で動作し、データレートは11Mビット/秒です。2004年までに販売されていたほとんどのWLAN製品は、802.11b対応でした。

IEEE 802.11gは2003年に策定され、現在市場で最も普及しています。2.4GHz周波数帯で動作し、データレートは54Mビット/秒です。WLAN製品は、一般的にIEEE 802.11b/g互換のタイプが多くあります。

IEEE 802.11aは1999年に策定されました。5GHz周波数帯で動作し、データレートは54Mビット/秒です。5GHz周波数帯は、ヨーロッパの一部の地域では軍事レーダーシステム用に割り振られているため使用できないという問題があります。該当する地域では、5GHzのWLANはIEEE 802.11a/hとの互換性が必要になります。また、IEEE 802.11aは高い周波数帯で動作するため、IEEE 802.11gよりも無線の有効範囲が小さくなります。結果として、2.4GHzよりも5GHzの周波数帯の方がデータの転送により多くのアクセスポイントが必要になります。

無線ネットワークを構築する際は、アクセスポイントの帯域幅とネットワーク機器が必要とする帯域幅を検討する必要があります。一般的に、WLANの有効スループットは、信号伝達やプロトコルのオーバーヘッドを差し引いた実効速度であり、標準規格の仕様で策定されているビットレートの約半分となります。IEEE 802.11g対応のネットワークカメラの場合、1台の無線アクセスポイントに4台以上のカメラを接続しないようにしてください。

WLANのセキュリティ

無線通信の性質上、無線デバイスを持つユーザが無線ネットワークの有効範囲内にいる場合、ネットワークのセキュリティを確立しない限り誰でもネットワークを共有して転送中のデータを傍受することできます。

転送中のデータやネットワークへの不正なアクセスを防ぐため、WEP、WPA/WPA2などのセキュリティ技術が開発されました。これらの技術を利用すると、データを暗号化してネットワーク経由で送信を行ったり、不正なアクセスからデータを守ることができます。

WEP

WEP(Wired Equivalent Privacy)は正しいキーを持っているユーザしかネットワークにアクセスできないようにする技術です。ただし、WEPで利用するキーの値は比較的短く、傍受したわずかなデータからキーを復元できてしまうという欠点があります。さらにインターネットには暗号を解除してWEPキーを取り出すフリーソフトが出回っているため、WEPは実用に耐えるセキュリティを提供できる技術とは言えません。

WPA/WPA2

WPA(WiFi Protected Access)は、WEPの持つ欠点に対処することでさらに安全性を高めたセキュリティ技術です。WPAでは、暗号キーを提供する標準的な方法が追加されました。

推奨事項

無線対応ネットワークカメラを監視用途で使用する場合は、下記の点に注意してください。

  • カメラにログインする際に、ユーザ名とパスワードを必ず使用する。
  • WLANでキーや認証の設定を行う前に無線ルータやカメラで暗号化(HTTPS)を有効に設定し、盗まれたキーでネットワークにアクセスされないようにする。
  • IEEE 802.1X、WPA/WPA2などのセキュリティプロトコルを使用する。

無線ブリッジ

設置環境や要件によっては、一般的に普及しているIEEE 802.11よりもさらに高いパフォーマンスと高度なセキュリティを長距離にわたって提供できる規格を利用する場合があります。該当する技術としてはマイクロ波やレーザーがありますが、これらの技術を使用するとあるビルと別のビルの2地点を、高速なデータリンクで接続することができます。