Video management systems

ハードウェアプラットフォーム

ネットワークビデオ管理システムには2種類のハードウェアプラットフォームがあります。複数のコンピュータ上でビデオ管理ソフトウェアを動作させるサーバ ベースと、専用のハードウェアにビデオ管理システムがあらかじめインストールされているNVR(ネットワークビデオレコーダ)ベースです。

サーバプラットフォーム

コンピュータをプラットフォームとしたビデオ管理ソリューションは、システムの目的に合わせて最大のパフォーマンスが得られるようサーバやストレー ジ機器などを既製品から選択することができます。このようなオープンなプラットフォームにより、ビデオ管理ソフトウェアプログラムと並行してストレージ容 量の増量や、外部ストレージの追加、ファイアウォール、ウィルス対策プログラム、インテリジェントビデオ機能の追加が容易に行えます。

サーバプラットフォームには、ネットワークビデオ製品を必要に応じて何台でもシステムに追加可能な拡張性という利点もあります。システムのハード ウェアは、求められるパフォーマンスに合わせて拡張したり、アップグレードすることができます。またオープンプラットフォームは、アクセスコントロール、 ビル管理、産業コントロールなど他のシステムとの統合が容易です。ビデオやその他のシステムを1つのプログラム、つまり共通のインターフェイスで管理する ことができます。をご覧ください帯域幅とストレージに関する考慮点

Axisのビデオ管理ソフトウェア「AXIS Camera Station」がインストールされたサーバプラットフォームベースのネットワークビデオ監視システムの例。

NVRプラットフォーム

NVR(ネットワークビデオレコーダ)は、ビデオ管理機能がインストールされたハードウェアボックスです。ハードウェア本体にソフトウェアが組み込 まれているという点では、NVRはDVR(デジタルビデオレコーダ)とよく似ています(ハイブリットDVRと呼ばれるDVRには、ネットワークベースのビ デオを録画するなどのNVR機能が内蔵されています)

NVRのハードウェアは、独自の仕様でビデオ管理用に設計されているタイプがほとんどです。主にネットワークビデオの録画、分析、再生を行い、あら かじめインストールされている専用のアプリケーション以外は使用できない場合が多くあります。オペレーションシステムは、Windows、 UNIX/Linux、または専用のシステムに対応しています。

NVRは一定のカメラ台数の範囲内で最適なパフォーマンスが得られるよう設計されているため、コンピュータベースのシステムと比較して拡張性があり ません。ただし、使用するカメラ台数が限られている小規模システムには適しており、コンピュータベースのプラットフォームよりも一般にインストールは容易 です。

NVRを利用したネットワークビデオ監視システムの例。

ソフトウェアプラットフォーム