セキュリティ市場

デジタル時代に入ってから、セキュリティ市場は急速に拡大しており、今後も成長を続けると予測されています。 この成長は技術的革新と新しい可能性をもたらしています。

最も重要な技術革新の例としては、ネットワークカメラ、インテリジェントアプリケーション、サーマルネットワークカメラ、AxisのLightfinderテクノロジー、Power-over-Ethernet (PoE) などがあげられます。 また、HDTVの導入など、画質も大幅に進化しています。

アクシスは、継続的に革新的なネットワークビデオ製品を発表し、パートナーと連携して世界市場にインテリジェントセキュリティソリューションを提供するという長期戦略に全力で取り組んでいます。

アクシスコミュニケーションズ 社長、レイ・モーリッソン

革新の推進

アクシスは、つねにこれらの開発の最前線にいます。アクシスは、1996年にアナログ監視からネットワークビデオへの移行を開始して以来、革新を推進してきました。そして現在もなお、アクシスは市場をけん引し続けています。

アクシスの目標は、最前線にとどまり続けることです。そしてこれを実現するため、私たちはすでに次の技術革新に取り組んでいます。

新しい機会

ネットワークカメラは、新しい用途で活用することのできる新しい機会を創出します。アクシスは、IPソリューションのセキュリティ用途の枠を大幅に超えた活用方法を提案し、この市場を開拓しています。たとえば、小売店舗はこの技術を活用して在庫の管理と店舗のレイアウトの最適化を行っており、さまざまな都市では交通の流れの管理や破壊行為の低減などに活用されています。

アクシスはまた、照明条件や環境条件の厳しさにかかわらず監視を行えるよう、画質を即座に最適化する方法を模索することにより、画質の限界を押し広げています。さらに、アクシスの長期成長戦略の新たな1歩として、近年では物理アクセスコントロール市場への拡大を図っています。