アクシスならではの違い

つねに明日を見据えた取り組み

アクシスは市場を追うのではなく、先導しています。私たちは絶えず現状を打破することにより、業界の先端に立ち続けているのです。この業界をけん引するエキスパートとして、R&Dと革新に重点を置き、市場のニーズを予測して可能な限り迅速に対応すると共に、あらゆる業務に最高の品質を提供し続けることが私たちの役割であると信じています。

技術革新と人的資源

アクシスは研究開発に多額の投資を行うことにより、世界初のネットワークカメラ、ビデオエンコーダ、HDTV、サーマルネットワークカメラを含め数多くの業界初の製品を開発してきました。しかし、アクシスを真に他と異なる存在にしているのは、表からは見えないところで私たちが行っているあらゆる取り組みによるものです。

情報とインテリジェンスの共有は、私たちが知識を得て自信をつけるうえで、非常に重要です。そのため、アクシスはすべてのパートナーと密接に連携して取り組んでいます。また、私たちがアクシス製品を実際に使用する人々の声に耳を傾け、ニーズとフィードバックに直接基づいてソリューションの設計を行っているのも、そのためです。

一丸となった取り組み

人に焦点を合わせたアクシスの取り組みは、強力な文化の構築に貢献しています。アクシスはつねに新しいアイディア、考え方、パートナー、ビジネスの推進方法を進んで受け入れており、この開かれた体制をパートナーやお客様との関係に生かしています。

私たちは同僚、お客様そしてパートナーを含め、つねに互いの声に耳を傾け、互いに学び合っています。スウェーデンでは、これを ‘Lyhörd’ とよび、アクシス文化の非常に重要な要素となっています。私たちはまた、誠実さと透明性にも自信をもっており、顧客フィードバックや共創を促進しています。柔軟性と拡張性を備え、お客様のあらゆる環境に完璧に適用できるオープンプラットフォームに基づいたソリューションを構築しているのは、こういった理由によるものです。

ビジネスと学習におけるこのオープンで包括的な取り組みにより、アクシスは大きな視野でとらえ、すべての業務を大胆に進めることができるのです。

高い信頼性

アクシスが何で有名であるかを1つあげるのであれば、それは品質です。品質は、研究開発から生産、そして使用後のリサイクルに至るまで、アクシスのバリューチェーン全体を通してもっとも重要な要素です。そしてパートナーやお客様との関係にとっても同様に重要な要素です。

アクシスでは、パートナーにもまったく同基準の品質を求めています。そのため、パートナーには「サプライヤー行動規範」に署名するよう依頼し、定期的に監査を実施してこの規範に従っていることを確認しています。

アクシスの品質に対する取り組みはこれだけではありません。安定性、安全性、セキュリティにも非常に高い基準を設定し、信頼性と機能性に優れ可能な限り使いやすいソリューションをお客様に提供しています。また、カスタマーサービスにもまったく同様の基準を適用しています。

こういったあらゆる取り組みにより、最初から最後まで、つまり最新技術から徹底した顧客サービスまでの全工程において、最高の品質をお客様に保証します。そしてこれこそが、アクシスならではの違いです。