Banner installation challenges
axisFlexSubBanner

2

過渡電圧


過渡電圧の原因として最も知られているのは雷ですが、実際に最も多く原因となっているのは現場の送電網です。

屋外設置用の Axis ネットワーク カメラは、サージや過渡電圧から保護するための設計が施されています。この設計の一部として、STP ケーブルが PSE* とカメラの間で使用されており、サージの発生ルートが接地されるようになっています。

STP ケーブルと正しく接地した PSE による Axis カメラの設置は、サージ保護など業界の電磁耐性基準に適合することが検証済みです。その他の設置手段は保証の対象外となり、機器がリスクに晒されることになります。

カメラと PSE 間の配線には必ず STP ケーブルを使用し、PSE を正しく接地してください。

詳しくは次の資料をお読みください。

Axis カメラの屋外設置に関するベスト プラクティス

* PSE は、ミッドスパン、エンドスパン、ネットワーク スイッチ、ネットワーク ハブ、電源挿入器などケーブルのカメラ側に接続される機器のことです。






axisFlexSubContent