ビデオ監視を補完する、レーダーテクノロジー搭載製品を新たに発表

Press release
13 July, 2018
ネットワークビデオソリューションのグローバルリーダー、アクシスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都新宿区、以下アクシス) は、ビデオ管理システムを補完ビデオ監視システムを補完するために設計されたAXIS D2050-VE Network Radar Detector (ネットワークレーダーディテクター) (以下、AXIS D2050-VE)を発表します。

AXIS D2050-VE はビデオ監視システムを補完するために設計され、高度なレーダーテクノロジーとインテリジェントアルゴリズムにより、最初の防御ラインをすり抜けて施設に入ろうとする侵入者を検知します。 あらゆる天候と日中・夜間の時刻で、正確な検知によって誤報を最小限にとどめます。

AXIS D2050-VEは、24時間、動きだけを検知します。 しばしば誤報を引き起こす原因といわれている、 動く影や光線、小動物や昆虫などに対しては敏感でありません。 最大50 mの範囲で120°の水平検知領域をカバーし、移動する物体の移動角度、大きさ、速度の情報も提供します。 また、被写体の正確な位置も提供するため、距離によるフィルタリングが可能です。 AXIS D2050-VEは堅牢でもあります。 破壊行為からの保護性能を持ち、-40°C~60°Cの屋外環境で稼働するように設計されています。

正確な検知に加え、AXIS D2050-VEの検知はコスト効率に優れています。 誤報に伴うコストが少なくなるほか、セキュリティ担当者は本当の業務に集中できるようになります。AXIS D2050-VEはコストの節減に役立ちます。 たとえば、何かを検知したときに照明を一定時間点灯するよう設定ができるため、施設の照明を常時つけておく必要はありません。また、PoE(Power over Ethernet)により、1本のケーブルですばやく容易に設置できます。

AXIS D2050-VEは、Axisカメラソリューションを補完するのに最適です。侵入者を検知したときにアラームをトリガーするほか、視覚による確認のための録画もトリガーできます。また、AXIS Radar Autotracking for PTZにより、検知した人物や物体の正確な座標をQラインPTZカメラに直接送信できるため、カメラは手動操作なしで自動的に物体にズームインできます。

さらに、AXIS D2050-VEは、Axis Camera Station、Axis Device Management、パートナー製ビデオ管理システムにすばやく簡単に統合できます。 また、オープンプラットフォームに基づいているため、他のシステムとも簡単に統合できます。

 

詳細については、下記までご連絡ください: 佐藤 秀一, シニアマーケティングマネージャー, Axis Communications
電話 +81-3-5937-2703

Axis Communicationsについて

アクシスは、セキュリティの向上とビジネスの新しい推進方法に関する洞察を提供するネットワークソリューションを生み出すことで、よりスマートでより安全な世界の実現を目指しています。ネットワークビデオ業界をけん引するリーダーとして、アクシスは映像監視、インテリジェントアプリケーション、アクセスコントロール、音声システムなどに関連する製品とサービスを提供しています。アクシスは50ヶ国以上に3,000人を超える熱意にあふれた従業員を擁し、世界中のパートナーと連携することで、カスタマーソリューションをお届けしています。1984年に設立されたアクシスはスウェーデンに本社を置き、NASDAQ Stockholmに株式上場しています (ティッカーシンボルAXIS)。 より詳しい情報はwww.axis.comをご覧ください