柔軟性に優れた容易な設置を実現する、バリフォーカルレンズ搭載の最新の超小型固定ドーム

ニュース
05月 9日, 2019
アクシスコミュニケーションズでは、最新ミニドーム、AXIS M42 Network Cameraを2つのモデルでリリースしました。バリフォーカルレンズを搭載し柔軟な視野を提供するとともに、超小型で目立ちにくいデザインです。環境に優しいこれらのカメラは、40%以上が再生プラスチックで作られており、費用対効果に優れ、迅速かつ容易な設置と統合を可能にするよう設計されています。

コンパクトなドームデザインにより、カメラを目立たないよう設置することができるため、容易には気づかれることはありません。また、屋内の周辺環境にシームレスに溶け込むよう、再塗装することも可能です。さらに、WDRとオプションの赤外線照明により、光条件にかかわらず非常に鮮明でシャープな映像を撮影できるよう設計されています。

AXIS M4206-V/-LVは、3メガピクセルのワイドな4:3表示と1080pのアスペクト比16:9表示を配信し、最大100°の視野角を提供します。リモートズーム機能およびリモートフォーカス機能を備えたバリフォーカルレンズを搭載しているため、遠隔操作で視野を調整することができます。

主な特長:

  • 3 メガピクセル/HDTV 1080p
  • リモートズームおよびリモートフォーカス機能付きバリフォーカルレンズ
  • WDRおよびオプションのOptimizedIR
  • H.264およびH.265対応Zipstream
  • パブリックビューモニター用HDMI出力

本製品は幅広い取り付け用アクセサリーに対応しているため、屋内のほとんどの場所に容易に設置することができます。

新しい超小型固定ドームカメラについてのより詳しい情報
AXIS M42 Network Cameras
詳細については、下記までご連絡ください: 佐藤 秀一, シニアマーケティングマネージャー, Axis Communications
電話 +81-3-5937-2703
もっと詳しく