遠くからでも詳細を確実に捉えるハイエンドバレット型カメラ

ニュース
18 十月, 2018
顔認識やナンバープレート認識、インシデントへの対応といった用途に高倍率ズームの監視カメラを必要とする業種が増えています。このようなニーズに対応するため、アクシスコミュニケーションズは屋内外に対応する 32 倍ズーム、OptimizedIR を搭載する次世代型ハイエンドネットワークカメラ AXIS Q1785-LE と AXIS Q1786-LE を開発しました。

本製品は32 倍ズームを搭載し、対象エリアから離れた場所に設置してもシーン内の詳細を認識できる高画質の映像を提供します。例えば、カメラを設置できない環状交差点の監視の場合、260 メートル以上離れたところに本製品を設置しても肉眼では確認できない車両ナンバープレートなどの詳細を鮮明に捉えることが可能です。また、耐久性が高く、耐衝撃性に優れたアルミケースを備え、広範な温度範囲に対応します。

 

AXIS Q17 シリーズのその他の主な特長:

  • 高品質画像:AXIS Q1786-LE は 4 メガピクセルの解像度 / Quad HD 1440p を 50/60 フレーム/秒で提供、AXIS Q1785-LE は 2 メガピクセル / HDTV 1080p を 50/60 フレーム/秒で提供
  • 最大 80 メートルに対応する OptimizedIR
  • IP66、IP67、NEMA 4X、IK10 規格に準拠したハウジング
  • 電子動体ブレ補正、衝撃検知、シーンプロファイル、デフォッグ機能
  • AXIS Motion Guard、AXIS Fence Guard、AXIS Loitering Guard をインストール済み
  • 動作温度範囲 -40 ℃ ~ +60 ℃
  • Forensic WDR、Lightfinder、Zipstream

 

このカメラは高速道路や交差点の監視、一般的な市街地監視に合わせて最適化されています。例えば、カメラは長い通りや外周などの特に縦長のシーンを捉えるAxis Corridor Format (コリドールフォーマット)を使用します。このフォーマットではパノラマ撮影よりも詳細にシーンを捉えることができます。また、アクセサリーと組み合わせて柱へ設置したり、2 台のカメラを合わせて設置したりすることができます。

詳細については、下記までご連絡ください: 佐藤 秀一, シニアマーケティングマネージャー, Axis Communications
電話 +81-3-5937-2703
もっと詳しく