AXIS Companionで映像監視管理をシンプルに

記事
2022年03月15日
あらゆる業種のあらゆる企業が、映像監視によって施設の安全性とセキュリティを保つことの利点を認識するようになりました。得られる価値を理解し、多くの企業がすぐに監視カメラや接続デバイスを追加し、監視ソリューションを拡大することを選択しています。この変化によって、映像監視の管理とモニタリングは「使いやすい」ことが必要不可欠な要素となりました。AXIS Companion は、そのためのソリューションです。この記事では、設定が簡単で直感的に使用できるAXIS Companionが、単一サイトの監視か、全国規模のチェーン展開用にスケールした監視であるかを問わず、どこからでもライブ映像や録画映像へアクセスし、映像監視ソリューションそのものを管理できる、その究極の柔軟性を提供する仕組みをご紹介します。

容易な設定とシンプルな操作性

AXIS Companionビデオ管理ソフトウェアのキーワードはシンプルさであり、設置担当者とユーザーの双方ともが直感的に操作できるよう設計されています。その結果、安全で信頼性にすぐれた録画ソリューションが実現し、利用者はどこからでも映像監視ソリューションを簡単にコントロールすることができるようになりました。

いつでも、どこからでも使用できる映像監視

AXIS Companionは、Axis Secure Remote Accessを使用して、いつでもどこからでも監視カメラシステムを簡単に制御・監視できます。AXIS Secure Remote Accessは、クライアントとカメラが異なるローカルネットワーク上にある場合でも、スマートフォンやPCクライアントからAxisネットワークカメラへのアクセスを可能にするテクノロジーです。リモート操作による映像の表示やエクスポートが安全に行えます。また利用者は、リアルタイムのアラート通知により不審な行動を常に認識できます。通知は、特定のユースケースやニーズに合わせてカスタマイズすることも可能です。

リモートシステム管理

AXIS Companionは、映像をリモートから管理できるだけでなく、映像監視システム全体のリモート管理も可能にします。簡単なメンテナンスをするためだけに現場へ出向く必要はありません。リモートでシステムの状態を完全に把握しながら、その場でサポート・メンテナンスできる機能を備えています。簡単で効果的なトラブルシューティングが可能になり、ユーザー権限、アップグレード、デバイスの再起動などのシステム操作を、直接管理することができます。

カメラ、オーディオなどによるソリューションの拡張

映像監視の価値が確立されると、多くの企業はカメラやその他のセキュリティ機器を追加して、ソリューションを拡張したいと考えるようになります。AXIS Companionビデオ管理ソフトウェアは、ネットワークカメラ、音声デバイス、ネットワークインターコムなど、Axisの全製品ランナップとシームレスに統合できるよう設計・検証されています。Axisのソリューションは、あらゆるビジネスニーズに容易に適応し、柔軟に拡張して、現在と将来の課題に対応することができます。

AXIS Companionによるソリューションでは、映像を各カメラのSDメモリーカードに記録することもできますが、AXIS S3008 Recorderと組み合わせることで、さらに柔軟性と拡張性を高めることができます。どちらの録画方法も、リモートからのライブ映像や録画映像へのアクセス、またリモートからのシステム管理といったソリューションの利点を活かしたまま、サイト数を単一から複数へ拡張した場合にも利用できます。

シンプルさに重点を置いたプレミアムなビデオ管理

Axisの監視カメラはすべて、高品質な映像を提供します。1台のカメラから複数台のデバイスへと接続するデバイス数が増えるにつれて、あるいは、接続するデバイスの種類やレコーダー数が増えるにつれて、管理ソフトウェアの品質がハードウェアへの投資から最大限の価値を引き出すための基盤になります。AXIS Companionは、監視ソリューションの導入を検討中のあらゆる企業にとって理想的で費用対効果に優れた、エントリーポイントとして最適なソリューションです。ソリューションを次の段階へ無理なく拡張できるよう万全に設計されています。

AXIS Companionの詳細およびダウンロードは、こちらから
AXIS Companion