Video compression

可変ビットレートと固定ビットレート

MPEG-4およびH.264では、エンコードされた動画ストリームを可変または固定ビットレートで配信することができます。どちらが適しているかは、使用しているアプリケーションやネットワークのインフラによって異なります。

可変ビットレート

VBR (可変ビットレート) を使用した場合は、動きの有無にかかわらず、事前に定義された画質が維持されます。つまり、シーン内で多くのアクティビティがある場合は帯域幅の使用量が増加し、動きがない場合は減少します。これは多くの場合、高品質が要求される、特にシーン内に動きがある映像監視アプリケーションに適しています。

平均ターゲットビットレートが設定されている場合でも、ビットレートは変動することがあるため、ネットワークインフラ (利用可能な帯域幅) は高スループットに対応できる必要があります。

固定ビットレート

CBR (固定ビットレート) モードは、ユーザーが事前に設定することのできる固定ビットレートで圧縮を行います。そのため、利用可能な帯域幅が限られている場合は、通常このモードが推奨されます。CBRのデメリットは、たとえばシーン内の動きが増加して、ターゲットレートよりも高いビットレートをもたらす場合、ビットレートを一定に保つという制約が画質とフレームレートの低下を引き起こすことです。

アクシスのネットワークビデオ製品では、ビットレートがターゲットビットレートを上回った場合に、画質またはフレームレートのどちらを優先させるか設定することができます。

次のトピック:圧縮規格

圧縮規格