ネットワークカメラ

ネットワークカメラのタイプ

ネットワークカメラは、屋内専用のモデルと屋外でも利用可能なモデルの2種類に分けることができます。屋外ネットワークカメラにはオートアイリスレンズが備わっており、画像センサーに露出する光の量を自動的に調節できます。カメラが保護カバーを持つ設計となっていない場合には、別途保護用のハウジングが必要になります。ハウジングは屋内のカメラにも使用することが可能です。ハウジングに収容することで、ほこりや湿度の高い場所、破壊およびいたずらからカメラを守ります。耐衝撃性に優れ、いたずら行為に対処する機能を持つカメラの場合は、ハウジングを利用する必要はありません。

ネットワークカメラは、屋内または屋外利用にかかわらず、固定、固定ドーム、PTZそしてPTZドームに分類できます。

固定ネットワークカメラ

固定ネットワークカメラは、固定またはバリフォーカルレンズを搭載し、設定時に画角(標準/望遠/広角)が固定されるカメラです。固定カメラは昔からあるタイプで、カメラとその向きがはっきりと分かります。つまり、カメラを意識させて設置したい場合などに最も適しています。固定カメラには、レンズ交換が可能なものがあります。屋内や屋外など、設置環境に適したハウジングを利用することも可能です。

参照してください 固定ネットワークカメラ

固定ドームネットワークカメラ

固定ドームネットワークカメラは、ミニドームとも言われるように、小型のドームハウジングに固定カメラがセットされているカメラのことです。カメラの向きは自由に変更することができます。目立たず、控えめなデザインであり、カメラがどこを映しているのか外からでは判別しにくいのが特徴です。このタイプのカメラは、いたずら防止を施した筐体を採用しています。

固定ドームカメラで考慮すべき点は、一般的にレンズ交換ができないということです。レンズ交換が可能な場合でも、ドーム内のスペースによって交換できるレンズが限られてきます。このような制限を補うため、固定ドームカメラでは最適な画角に調整できるバリフォーカルレンズが多く採用されています。

Axis固定ドームカメラには、いたずら防止や屋外向けのIP66対応など、様々なタイプが用意されています。屋外使用可能なカメラの場合は、ハウジングを別途用意する必要はありません。一般的に、カメラは壁または天井に設置されます。参照してください

参照してください 固定ドーム型 ネットワークカメラ

Covert network cameras

Covert cameras are designed to blend into the environment and be virtually impossible to discover. They can be placed at eye-level at entrances or integrated into things such as ATM machines for discreet or covert surveillance. They can enable close-up shots for identification purposes or overview surveillance. Tampering risks are also reduced.

Using a pin-hole lens, Axis’ indoor/outdoor covert network cameras provide resolutions of up to 1 MP, including HDTV 720p, and come pre-mounted with an Ethernet cable for both power and data. The cameras are ideal for use in retail stores, banks and hospitals.

See covert cameras product range.

PTZカメラとPTZドームカメラ

PTZカメラ、またはPTZドームカメラは、手動または自動でパン、チルトそしてズームインおよびズームアウトが可能です。すべてのPTZコマンドは、画像の伝送と同じネットワークを利用して送られます。アナログPTZカメラのように、RS-485接続のためのワイヤを用意する必要はありません。.

PTZカメラ、またはPTZドームカメラの主な特徴:

  • 電子式動体ブレ補正(EIS) : 20倍以上のズーム比を持つPTZドームカメラを屋外に設置する場合、交通や風による振動の影響を受けます。EISは動画における振動の影響を軽減します。さらに、圧縮した画像のファイルサイズを軽減するため、ストレージの保存スペースを節約します。
  • プライバシーマスク : プライバシーマスクは画像の表示や録画の際に、特定の部分をブロックまたはマスキングする機能です。PTZカメラ、あるいはPTZドームカメラでは、カメラの向きを変更してもマスクした部分が座標系と一緒に移動するため、プライバシーマスクの位置をそのまま保持することができます。
  • プリセットポジション : 多くのPTZカメラおよびPTZドームカメラでは、20~100個のプリセットポジションが設定できます。プリセットポジションをカメラに設定することによって、あるポジションから別のポジションへと瞬時に移動することができます。
  • E-flip : 例えば、ある店舗の天井にPTZドームカメラを設置して人の動きを追跡している場合、入口から入ってきた人がカメラの真下を通過してそのまま方向を変えずに進んでいくとします。このような状況では、E-flip機能がないカメラの場合は画像の上下が逆転してしまいます。E-flipは電子的に画像を180度回転させる機能です。E-flipは自動的に行われる機能で、カメラの操作に注意を払う必要はありません。
  • Auto-flip : PTZカメラは、PTZドームカメラと異なり、通常360度連続してパンをすることはできません。これは、連続した回転動作を防ぐためにPTZカメラには機械的な停止位置が設けられているためです。しかし、Auto-flip機能により、停止位置に到達したときにパン方向にカメラのヘッドを即座に180度反転し、次にチルト方向にカメラのヘッドを停止位置に戻してパンを再開することで連続してパンを続けているように見せることができます。Auto-flip機能により、PTZカメラでも通行人や物体がどの方向に向かっていても追跡し続けることが可能になります。
  • 追尾 : 自動追尾はインテリジェントビデオ機能の1つです。動いている人や車を検出し、カメラがカバーできる範囲内で追尾の対象を自動的に追跡します。自動追尾は、人や車が普段は通ることの少ない場所で、無人のビデオ監視を行う場合に特に有効です。この機能は、少ないカメラ台数で撮影する対象(動いている人や車)をカバーすることができるため、監視システムのコスト削減に役立ちます。また、PTZカメラやPTZドームカメラは動きのあった場所を録画するので、解決策を効率よく検討することができます。

PTZカメラとPTZドームカメラは同じような機能を持ちますが、以下のような違いがあります:

  • PTZネットワークカメラは、機械的な停止位置があるため360度連続でパンすることができません。つまり、カメラの周りを回る人を追跡することができないということです。ただし、Auto-flip機能を備えたPTZカメラは例外です。例えば、AXIS 215 PTZ ネットワークカメラがそれに該当します。
  • PTZネットワークカメラは、カメラが1つのプリセットポジションから次のポジションへ自動的に移動する自動巡回(ガードツアー)と呼ばれる連続動作には向いていません。

機械式PTZネットワークカメラ

機械式PTZネットワークカメラは、主に屋内でオペレータがカメラを操作する場合に使用されます。光学ズームの倍率は、一般的に10~26倍です。PTZネットワークカメラは、天井や壁に設置することができます。  非機械式PTZカメラはメガピクセル画像センサーを使用しているため、解像度を落とすことなく即座にズームインすることができます。カメラは、VGA(640x480ピクセル)で画像を表示していても、実際にはより高解像度で画像を撮影しています。全景画像の一部にズームインした場合、カメラは元のメガピクセル解像度の画像を利用してVGAサイズで画像を表示するため、VGAで表示された拡大画像はシャープネスを保ったままとなります。通常のデジタルズームでは、ズームインされた画像はシャープネスを失います。非機械式PTZカメラは、目立たないように壁面に設置するのに理想的です。参照してくださいPTZ ネットワークカメラ。 

参照してください PTZ ネットワークカメラ.

PTZドームネットワークカメラ PTZドームネットワークカメラは、パン、チルト、ズームがより柔軟に行えるため、広い範囲をカバーできます。360度連続パン、また通常180度チルトも可能です。PTZドームカメラは、そのデザインや取り付け方法(特に天吊り)、およびカメラの撮影方向を視認するのが難しいことから(ドームカバーは透明およびスモークがあります)、撮影していることを意識させたくない場合に最適です。PTZドームネットワークカメラは、1つのプリセットポジションから別のプリセットポジションへあらかじめ指定した順番またはランダムで移動する自動巡回(ガードツアー)に耐え得る機械的構造を持っています。通常、最大20個までのガードツアーを設定することが可能で、異なる時間帯にそれぞれ別のガードツアーを動作させることができます。10個のプリセットポジションを登録したガードツアーを作成すると、10台の固定ネットワークカメラが必要となるエリアを1台のPTZドームネットワークカメラでカバーできることになります。欠点としては、ある1地点をモニターしているときは、他の9地点はモニターできないことです。光学ズームの倍率は、一般的に10~35倍です。PTZドームは、ほとんどの場合オペレータが常駐する環境で使用されます。このタイプのカメラは屋内では天井に、屋外ではポールやビルの壁面に設置されます。参照してくださいPTZ ドーム型 ネットワークカメラ。

サーマルネットワークカメラ

サーマルネットワークカメラは、あらゆる物体から放射されている熱により画像を生成します。画像は、通常白黒で生成されますが、人工的に色を加えてさまざまな色合いを識別しやすいようにすることが可能です。熱画像は、ひとつのシーンの中で著しい温度の違いがある場合に最適で、物体の温度が高ければ高いほどサーマル画像の中では明るく映し出されます。

サーマルカメラは、影になった場所や完全な暗闇、または煙や埃などの厳しい条件下において人物や物体、事象を検知するのに最適です。熱画像では信頼性の高い識別は不可能なため、カメラは主に不審な行動を検知するために使用されます。これにより、監視システムにおける従来型のネットワークカメラを補完し、サポートします。サーマルカメラは、無線による侵入者検知、電気柵、および投光器に代わる強力で費用対効果に優れた手段を提供し、周辺保護やエリア保護に使用することができます。人工照明を必要としないため、暗闇で目立たない監視を提供します。公共エリアにおいては、トンネル、鉄道線路、橋など、危険区域または立入禁止区域の安全性確保に貢献します。屋内での使用目的には、建物の防犯および緊急事態管理などが含まれます。営業時間外や火事などの緊急時でも、建物内にいる人物の検知を可能にします。サーマルカメラは、原子力発電所、刑務所、空港、パイプライン、慎重な対応が必要な鉄道エリアなど、高いセキュリティを要する建物やエリアで多く使用されます。

一般的なガラスは熱放射をブロックするため、サーマルカメラには特別な光学が要求されます。ほとんどのサーマルカメラ用レンズは、赤外線と熱放射を透過するゲルマニウムを使用して作られています。サーマルカメラが「見る」または検知することができる度合いや距離は、レンズによって異なります。広角レンズはサーマルカメラに広い視野を提供しますが、狭い視野で長い検知距離を提供する望遠レンズよりも、検知距離が短くなります。

サーマルカメラの赤外線放射に対する感度は、NETD値 (雑音等価温度差) で表されます。NETD値が低いほど、赤外線放射に対する感度が高いことを意味します。

元々は軍事用として開発された熱画像技術は、規制されています。サーマルカメラを自由に輸出するためには、最大フレームレートが9フレーム/秒 (fps) 未満でなくてはなりません。フレームレートが60 fpsまでのサーマルカメラは、購入者が登録されており、追跡が可能であるという条件で、EU、ノルウェー、スイス、カナダ、米国、日本、オーストラリアおよびニュージーランド内での販売が可能です。サーマルカメラの製品ラインナップをご覧ください。

デイナイト機能