Camera elements

アイリスコントロールの種類

画質という点において、カメラのアイリス(絞り)を調節する能力は重要な役割を果たします。 アイリスによって画像センサーは最適な光量を得ることができ、画像は鮮明でクリアかつしっかりとしたコントラストと解像度をともなった、正確な露出となります。アイリスは被写界深度の調節にも使用することができます。

アイリスコントロールは固定もしくは調節可能となっています。調節可能なアイリスレンズは手動もしくは自動です。(自動アイリス及びPアイリス)

自動アイリス(DC及びビデオ)

自動アイリスレンズには、DCアイリスとビデオアイリスの2つの種類があります。共にモーター駆動で、アイリスの開口量が光量の変化に応じて自動で調整されます。また、共にアナログ信号(たいていはアナログビデオ信号)を使ってアイリスの調整を行います。この2つのアイリ スの違いは、アナログ信号をモーター駆動信号に変換する電気回路の場所にあります。DCアイリスでは、電気回路はカメラの内部にあり、ビデオアイリスでは レンズの内部に位置しています。

強い光の射す明るい場所で自動アイリスレンズ搭載カメラを使用する場合、アイリスの開口量が小さすぎると回折の影響を受け、画像がぼやけてしまうことがあります。

この問題は標準的な解像度のカメラに比べ、画像センサー内のピクセルがより小さいメガピクセルカメラやHDTVカメラで特に顕著に起こります。

よって、画質は適切なアイリスの開口量を得られるかどうかにかかっているといえます。画質を最適化するために、カメラはアイリスの開口量を制御できる必要があります。自動アイリスレンズの問題は、カメラやユーザーがこの制御を行うことができない、という点です。

固定アイリス

光量がほぼ一定の室内環境においては、固定アイリスレンズを使用することができます。固定アイリスレンズでは、アイリスを調節することはできず、一定のF値で固定されています。固定アイリスレンズを搭載したカメラは、露出時間の調整やゲインの使用により、光量の変化に対応することができます。

手動アイリス

手動アイリスレンズでは、レンズに装着されているリングを回してアイリスの開口量を調整することができます。これは、屋外監視アプリケーションなど光の条件が変わる環境下には不向きです。

P-アイリス

P アイリスは自動で正確なアイリス制御が可能で、スウェーデンのAxis Communicationsと日本の興和株式会社によってはじめて開発されました。P アイリスは、Pアイリスレンズと画質を最適化する特殊なソフトウェアから成ります。このシステムは、自動アイリス レンズの欠点に対処するために設計されました。Pアイリスはコントラストや鮮明さ、解像度及び被写界深度の向上をもたらします。

カメラから異なる距離に複数の被写体があり、それらに対して同時に焦点を合わせるといった場合、例えば長い廊下や駐車場などのビデオ監視において、適切な被写界深度を得ることは重要です。
強い光の射す明るい場所において、P アイリスは開口量が小さすぎることによって画像がぼやけること(回折の影響による小絞りぼけ)を防ぐため、アイリスを閉じすぎないように制限します。小絞りぼけは、小さなピクセルのメガピクセルセンサーと組み合わせたDCアイリスレンズを使用したカメラで概して起こります。小絞りぼけを防ぎ、同時に自動調整されるアイリスは、屋外ビデオ監視への適用に最適です。

P アイリスレンズでは、アイリス開口部の位置を正確に制御できるようにするモーターを使用します。レンズと画像センサーの性能を最大限に発揮することができるソフトウェアと共に、P アイリスはあらゆる光環境下において、最高の画質を得るために必要なアイリスの自動制御を提供します。

P アイリスを搭載したAxis ネットワークカメラでは、最大から最少のアイリス開口量を示したF値のスケールをユーザーインターフェースにて提供しています。これにより、多くの光環境下で自動的に制御されるアイリス開口部の位置における、ユーザーが最も望んでいる位置の調整を行うことができます。

P アイリスによって、固定ネットワークカメラの画質におけるパフォーマンスを新しいレベルに引き上げることができます。高度なアイリス制御は特にメガピクセル/HDTVカメラおよび要求の厳しいビデオ監視への適用にとってまさに有益であるといえます。P アイリスはDC アイリスに代わる、固定ネットワークカメラの標準アイリスとなることでしょう。

次のトピック:画像センサ

画像センサー