Camera protection and housings

透明カバー

ハウジングの「窓」または透明カバーは、高品質ガラスまたは耐久性のあるポリカーボネートプラスチックでできています。窓は光学レンズのような働きをすることもあるため、画質に極力影響が出ないよう高品質の製品を選択するようにしてください。透明な材料に不良があった場合、十分な透明度は得られません。

PTZカメラとPTZドームカメラの場合、窓に対してより高い品質が求められます。窓(カバー)が半球状で面積が広いというだけでなく、高倍率のズーム機能付きカメラの場合は汚れの粒子が拡大されないよう高い透明度が必要です。さらに、カバーの厚さが均一でない場合、画像上で直線が歪んで表示されます。高品質のカバーでは、カメラのズームやレンズの位置によって画質に影響が出ることはほとんどありません。

風の強い場所では、半球状カバーの厚みを風の強さに応じて厚くすることができます。ただし、厚みが増すと同時に欠陥が生じる可能性が高くなり、厚みの影響で意図しない光の反射や屈折が起こることがあります。画質に対する影響を最小限に抑えるため、厚いカバーほど品質に対する要求が厳しくなります。

ドームカバーには、透明またはスモークタイプが用意されています。スモークを利用すると外からカメラが見えにくくなり、カメラを目立たなくする効果が得られますが、サングラスのように光を遮ってしまうという欠点があります。結果的に、スモークタイプのカバーはカメラの光に対する感度に影響を与えることになります。

固定カメラのハウジングへの収納