ネットワークビデオ

IP監視の利点

デジタルネットワーク映像監視システムは、アナログ映像監視システムでは実現できない多数の利点と先進の機能を提供します。 優れた画質、リモートアクセス、分散型のインテリジェントビデオ機能、容易な設置と統合、そして高い拡張性や柔軟性、費用対効果など数多くの利点をもたらします。

容易かつ将来性に優れた統合

ネットワークビデオ製品の設置場所に関しては、ほとんど制限がありません。アクシスのネットワークビデオは他の機器や機能と容易に統合することができ、システムの継続的な拡張が可能です。完全に統合されたアクシスのネットワークビデオシステムは、アクセスコントロール、ビル管理、店舗販売時点管理システム、ATM、火災報知器、侵入者およびビジター管理など、多数の用途で同時に使用することができます。一方、他のシステムやアプリケーションとの容易な統合を可能にするオープンインターフェースを搭載したアナログシステムは、ほとんどありません。

高画質

ビデオ監視アプリケーションでは、進行中の出来事を鮮明に記録できること、そして記録したデータに写っている人や物を特定するために画像が高画質であることが重要です。

プログレッシブスキャンとメガピクセル技術により、ネットワークカメラはアナログCCTVカメラより高画質かつ高解像度の画像を提供します。

アナログ監視システムと比べて、ネットワークビデオシステムではより簡単に画質のコントロールが可能です。DVRを録画媒体として利用するアナログシステムでは、アナログからデジタルへの変換が行われます。最初にカメラでアナログ信号がデジタルに変換され、そしてアナログに戻して伝送されます。最後に、アナログ信号はデジタル化されて録画されます。キャプチャーされた画像の品質はアナログとデジタルフォーマット間の変換のたびに、さらにケーブルの距離に応じて劣化してゆきます。アナログビデオ信号が遠くに行き交うたびに、信号は減衰します。

完全なデジタルIP監視システムは、ネットワークカメラからの映像は1度デジタル化されると、不必要な変換や通信距離に依存する画像の劣化は発生せずデジタルのまま保持されます。さらに、デジタル画像はアナログビデオテープを利用するよりも、保存も再生も簡単です。

優れた画質

費用対効果

IP監視システムは、TCO(Total Cost Ownership)の面でもこれまでのアナログCCTVと比べて優位です。例えば、既にIPネットワークインフラが用意されていて、企業内で何らかのアプリケーションが動作している場合、後はネットワークビデオアプリケーションを既存のインフラに追加するだけです。

IPベースのネットワークおよび無線ネットワークに必要なオプションは、これまでのアナログCCTVシステムの同軸ケーブルや光ファイバーに比べれば、はるかに安価です。さらに、デジタル動画は相互運用可能なインフラで世界中に送信することが可能です。バックエンドアプリケーションとストレージは業界標準のオープンシステムのサーバで動作するため、アナログCCTVシステムのDVRのような独自規格のハードウェアで動く場合と異なり、管理や機器にかかる費用は少なくなります。

さらに、アナログCCTVシステムではPoE(Power over Ethernet)を利用することはできませんが、ネットワークビデオシステムでは可能です。PoE対応のスイッチやミッドスパンを利用することで、ネットワークデバイスはデータ(動画)を送信するのと同じイーサネットケーブルから電力を得ることができます。PoEは設置コストを抑え、システムの信頼性を高めることができます。 参照してください Power over Ethernet。

スマートシステムソリューション

拡張性と柔軟性

ネットワークビデオはユーザの要望とともに成長します。IPベースのシステムにより、複数のネットワークカメラとビデオエンコーダが他のアプリケーションと有線または無線のネットワークを共用してデータ伝送を行うことが可能になります。

そのため、ネットワークビデオ製品を何台追加しても、ネットワークインフラに対して膨大な費用がかかるような変更は発生しません。しかし、アナログビデオシステムではこのようにはいきません。専用の同軸ケーブルを、各カメラから表示/録画ステーションへ繋げなければならないからです。音声が必要な場合、音声用のケーブルも別途引かなければなりません。その点、ネットワークビデオ製品はどの場所にでも設置ができ、システムは必要に応じてオープンにもクローズにもできます。

効率的運用

イベント管理とインテリジェントビデオ

ビデオは長時間録画したものの、分析する時間がないことがよくあります。

先進的なネットワークカメラとビデオエンコーダにはインテリジェント機能や分析機能が内蔵されています。不必要な録画を減らし、プログラムされたレスポンスを返すことで、効率よく録画を行ったり、必要な録画データを容易に確認することができます。アナログシステムにはこのような機能はありません。

Axisネットワークカメラとビデオエンコーダは、ビデオモーション検知、音声検知アラーム、いたずら警告、I/O(入出力)、アラームおよびイベント管理などの機能を備えています。これらの機能を利用することで、ネットワークカメラとビデオエンコーダはイベントの発生を常に見張りながら、イベントの発生時には録画を実行したり、アラーム通知をメールで送信するなどのアクションを実行します。
Screenshot from the IP camera's user interface
ネットワークカメラのトリガイベント設定画面。

イベント機能は、ネットワークビデオ製品のユーザインターフェイス、またはビデオ管理ソフトウェアで設定することができます。ユーザは、トリガのタイプとタイミングを設定することで、アラームやイベントを定義できます。また、アクション(イベントの発生時にどのように動作するか)も定義することが可能です(例:ローカルまたは外部のストレージに録画する/アラーム、ライトなど外部機器をアクティブにする/アラーム通知を送信する)。

インテリジェント アプリケーション

リモートアクセス

ネットワークカメラとビデオエンコーダはリモートによる設定と操作が可能です。アクセス権を持つユーザは、ライブ画像や録画にネットワーク上のどこからでも、時間を気にすることなくアクセスできます。この機能は、外部のセキュリティ会社のような第三者に対してビデオへのアクセスを許可したい場合などに便利です。これまでのアナログCCTVシステムでは、ユーザは特定の場所でしか画像にアクセスできないため、離れた場所からビデオにアクセスするには、ビデオエンコーダやネットワークデジタルビデオレコーダ(DVR)が必要でした。DVRは、ビデオカセットレコーダのデジタル版と言えます。

安全な通信

信頼性の高い容易な設置

IP監視システムは、容易に素早く設置することができます。Axisのネットワークカメラおよびエンコーダは、Power over Ethernetをサポートしており、ケーブル1本で給電と映像の伝送を行えるため、容易な設置が可能です。耐衝撃性を備え、すぐに利用できる屋外対応製品は、さらに迅速な設置を実現し、過酷な条件下でも優れた映像を確実に提供します。

デジタルパン/チルト/ズーム、リモートズーム、およびリモートフォーカスは、コンピューターからネットワーク上でカメラの画角とフォーカスを調整できる利便性を提供します。Axisのコリドールフォーマット(Corridor Format)により、状況に応じてもっとも効率的な方法で即座にカメラを取り付けることが可能です。また、ピクセルカウンターは、あらゆる規制や特定の顧客要件をシステムが満たしているかを検証するために役立ちます。

さらに容易な設置と設定を実現するため、Axisでは、AXIS Camera Managementなど、多数の無料ソフトウェア管理ツールを提供しています。

簡単なインストール
アプリケーション