Video compression

圧縮規格

MPEG-4やH.264など、MPEGの標準規格のパフォーマンスを比較する場合、使用するエンコーダによってその結果が異なります。理由として は、エンコーダの設計時に標準規格で定義されたどのツールセットを実装するかを選択することができるからです。エンコーダの出力データが標準規格のフォー マットやデコーダに準拠している限り、様々な実装を行うことが可能です。したがって、まずエンコーダにどのように規格が実装されているかを定義しない限 り、MPEG規格ではビットレートや品質について保証をしたり、比較を正しく行うことはできません。デコーダの場合はエンコーダとは異なり、互換性のある ビットストリームをデコードするために規格の中で必要とされる部分をすべて実装する必要があります。デコーダの標準規格では、符号化されたビデオの各ビッ トを復元アルゴリズムがどのように復元するかを定めています。

次ページのグラフは、同レベルの画質の画像におけるビットレートの違いを表したものです。使用したフォーマットは、Motion JPEG、MPEG-4 Part 2(動き補償あり)、MPEG-4 Part 2(動き補償なし)、H.264(ベースラインプロファイル)です。

次のトピック:音声