監視におけるサウンド

より近くへ

外部マイクを接続して、より高品質な録音や最適なマイクの設置が可能です。

カメラは天井近くの部屋の隅に設置されることが多くありますが、天井や壁の硬い表面により音が反響し、ひずみを生じるため、マイクの設置場所としてはあまり適していません。可能であれば、マイクを大きく平らな表面から離して設置してください。

Indirect sounds create delays and distortion

図3:部屋の隅に設置されたカメラは、音声の使用には適していません。赤いラインは、直接音 (青いライン) に比べて間接音が遅延やひずみを引き起こす様子を表しています。

音は、空気中を伝播する過程で減衰します。つまり、距離が長くなればなるほど、音の強さは次第に弱くなります。距離が2倍になると、音の強さは4倍減少します。

Move micro

図4:マイクをその他のノイズの発生源から離して、録音したい場所に近づけることにより、録音された音質が大幅に変わります。

双方向