Introduction to imaging

画像処理に関するイントロダクション

ワイド ダイナミック レンジ

明暗差が著しい場面で、場面内の明るい領域と暗い領域、両方の詳細画像を提供するためには、それぞれ独立した露出が要求されます。露出時間が長くなるほど、暗い領域内の詳細がより見やすくなります。

2つの異なる露出レベルの画像を撮影し、組み合わせて最終的な画像を生成することで、より広いダイナミックレンジを実現します。