Introduction to imaging

画像処理に関するイントロダクション

光を理解することの重要性

朝、太陽が昇り、空を移動することにより、光の方角が変化します。これは、1日を通して木の陰がどのように移動するかにより確認することができます。

監視アプリケーションにおいて、これを頭に入れておくことが重要です。画像が見えなくなる可能性のある逆光を避けるため、太陽がレンズの正面でなく、カメラの後方に来るように設置することをお勧めします。

曇りや悪天候では、日光の強度が低下し、カメラで露出設定を変更する必要が生じます。

また、日中はニュートラルな色であるのに対し、日の出や日没時には温かみのある鮮やかな色へと変化するというように、1日の時間帯によって、日光の色に変化が生じます。光の色は、色温度で表されます。

こういったすべての光におけるパラメーターが、画像がどのように生成されるかに影響します。 そのため、光の方角、光の強さ、そして色温度をしっかりと把握し、監視アプリケーションにおいて適切に対処することが必要です。

晴れているときと、曇っているときの露出