Introduction to imaging

画像処理に関するイントロダクション

晴れているときと、曇っているときの露出

明るい日差しの中では、すべての場面が多量の光エネルギーに溢れています。そのため明るい場面は必要な露出値になるまで、長時間にわたってレンズ素子を通してセンサーに露光する必要がありません。

曇った天候条件下の場合、各場面の光度が低くなります。そのため場面は必要な露出値になるまで、より長い時間レンズ素子を通してセンサーに露光する必要が あります。適切な露出値を実現するためのもうひとつの方法は、絞りの開きを大きくすることで、カメラに入ってくる時間当たりの光の量を増やします。

  • 短時間の露出は、動きのブレを抑えます。
  • 絞りの開きを小さくすると、被写界深度が深くなります。
被写界深度