Image quality

画質

ほとんどの撮影において基本原則となるのは、光が必要であるということです。光源 (人工的な光または自然光) から放射される光は、被写体に反射してカメラのレンズを通過します。光がイメージセンサー (またはフィルム) に当たると、被写体の画像が撮影されます。

光は被写体に反射してカメラのレンズを通過します。

この原理において重要な点は、光がないと画像を撮影できず、光が不足すれば画質も低くなるということです。被写体とセンサーの間に光量を低減するものがあると、画質の低下につながります。部分的に光を遮る窓やスモークドームカバー、または光学部品の質が低く、開口部の狭いレンズなどがこれにあたります。

監視エリアの光量が不足している場合は、照明の追加が必要となることがあります。多くの場合は、補助照明で被写体を照らすことで、画質が大幅に向上します。

また、昼間にカメラを取り付けてテストした場合、夜間や別の季節では撮影結果がまったく異なることがあります。監視エリアの光量の変化をしっかりと把握し、それに応じたカメラの設置を行ってください。

カメラの基本設定