Identification and recognition

識別と認識

まとめ

人物や物体を識別または認識する能力は、いくつかの要因によって決まります。 重要な要因は以下のとおりです。

  • カメラの解像度とシーンのサイズ

  • 照明の条件

  • カメラの位置

  • 動き

  • 圧縮

監視の目的により、撮影された映像データにおいて人物や物体が占有するピクセルの数が決定されます。 Axisでは、悪条件における識別に対しては80ピクセル以上を推奨しています。 ナンバープレートの場合は、テキストの高さが15ピクセル必要です。 証拠として使用する目的の映像データについては、法的要件を確認してください。

カメラの解像度により、撮影したシーンの最大サイズが決定されます。 ピクセル数を多くすると、シーンの範囲が広くなります。 より広い範囲で識別できるようにするには、カメラの被写界深度が重要です。

Axisレンズカリキュレーターは、識別および認識の要件を満たすカメラを選択する場合に有用です。

解像度が十分な場合でも、照明条件が悪いと識別が不可能なことがあります。 高感度センサー、およびワイドダイナミックレンジなどの機能は有用ですが、逆光での撮影にならないようにするには照明条件とカメラの位置を良くすることも考慮してください。

歪みのない画像を撮影するには、カメラの位置が重要です。

監視対象の動きに合わせて、適切なフレームレートとシャッター速度を選択してください。

監視対象に合わせて設置できたことを確認するには、運用条件と同じ環境でシステムをテストします。 記録された映像データを確認し、圧縮によって画質が低下していないこと、および使用する要件に対して画質が十分であることを確認してください。