音声ソリューションがよりスマートで安全な都市に貢献できる3つの方法

Andrea Sorri

スマートシティに関する議論において、都市のリソースをより効率的に管理するためのさまざまな種類のセンサーがあると言われていますが、オーディオの役割については見落されることがあります。 実際には、音声はあいさつの言葉として、さらには都市のカメラやその他のIoTセンサーの代替としても使用できます。

最新の接続された音声システムを選択することで、重要な通信が適切なタイミングで適切な場所で行われ、市民の安全を確保するために必要な音質を確保できます。 音声ソリューションがよりスマートで安全な都市に貢献できる3つの主要なシナリオを以下にご紹介します。

1.音検出

都市の多くのセキュリティインシデントは、たとえば攻撃的な行動や声を上げたり、銃声を上げたり、ガラスを割ったりするなど、何らかのノイズが先行または開始します。 今日のソリューションでは、事前定義された音を自動的に検出、認識し、発生する可能性のある実際のインシデントについてアラートを送信できます。

監視カメラと音声検出機能を組み合わせることで、公園や広場などの公共スペースをカバーするセキュリティシステムに大きな価値を追加できます。 音声とビデオの組み合わせは、状況の検出と検証の両方を行う強力なソリューションとなり、結果を最小限に抑えるための迅速で適切なアクションを可能にします。

2.緊急アナウンス

毎年、多くの都市が自然災害などの緊急事態にさらされています。 このような状況では、できるだけ早く市民に通知し、人々を安全に保つために誘導することが重要です。 音声スピーカーを使用すると、選択したゾーンの人々に迅速かつ効果的に連絡を取ることができます。

音声アナウンスシステムは、多くの場合、都市が緊急事態に備えるためにインストールされます。 何かが発生した場合、信頼性の高い動作システムが不可欠です。 適切なネットワークスピーカーソリューションを使用すると、システムの状態と音質が完全かつ一定に制御され、メッセージが緊急時に必要なだけ明確に配信されます。

3.犯罪の防止

都市を安全に保つために十分なリソースを持つことは、世界中の都市で共通の課題です。多くの都市では、最も効率的な方法で都市を監視し、法執行機関のリソースを管理する監視システムを使用しています。ビデオを使用すると、建物や立ち入り禁止区域への侵入などの犯罪を検出できますが、多くの場合、警察や警備員は盗難や破壊行為を防ぐために時間内にその場所に到着しません。

ビデオソリューションを音声ソリューションと組み合わせて導入することにより、カメラは侵入者に自動音声警告を発したり、音声システムを使用して侵入者に直接ライブ警告を行うよう警備員に通知したりできます。多くの場合、このタイプの警告で十分であるため、追加のセキュリティ対策は不要です。

市民の安全とセキュリティは、近代都市における居住性の最も重要な側面の1つとしてしばしば強調されます。当局により都市の改善にコネクテッドテクノロジーを使用することがますます求められているため、さまざまなセンサーとデバイスの組み合わせが最大限の可能性を提供し、音声が中心的な役割を果たすことができます。

 

Axisネットワーク音声システムの詳細についてはこちらを、安全な街づくりについては以下をご覧ください。

安全な街づくり