重要インフラの保護、それは周辺保護に留まらない。

Joe Morgan

重要インフラの保護について話す場合、課題は3つあります。財産の保護、プロセスの保護、そして人員の安全の確保です。しかし、それはセキュリティシステムへの投資を3倍にしなければならないという意味ではありません。IPベースのテクノロジーを使用すると、1つのソリューションで3つの目標すべてを達成することができるのです。既存のネットワークカメラとビデオ分析を監視制御やデータ収集(SCADA)センサー、そして大規模通信システムと統合することにより、セキュリティソリューションは、破壊工作の試みから機器の故障や緊急避難まで、あらゆるシナリオに対応するインテリジェンスと汎用性を備えることができます。

悪者を締め出す

意図が妨害行為、銅線の窃盗、またはその他のいたずらのいずれであっても、セキュリティシステムが従来から持つ仕事は、悪者を施設から遠ざけることでした。その点で、重要インフラ業界は、ネットワークカメラをレーダー、地上センサー、フェンスセンサー、その他のテクノロジーと統合して、人や物が存在するべきでない場所を検出することに非常に熟練しています。この業界に従事している人々は、変電所のような隔離された暗い場所にサーマルカメラを使用して、影に潜んでいたり周囲を偽装しようとしていたりする侵入者が持つ熱の兆候を見つけています。保護を行うための追加レイヤーとして、ネットワークオーディオシステムをこれらのソリューションに統合させて、侵入者に警告を発することもできます。

インテリジェントなオンボード分析を採用することで、システムは次のことが可能になります。

  • 脅威の有効性を検証し、その性質を評価します。
  • 誤報に対する応答を排除することで費用を節約
  • AIと機械学習の統合に役立つデータを提供します

これらの統合ソリューションは外周セキュリティに適していますが、重要インフラ業界ではこのテクノロジーを活用して他の優先度の高い懸念を軽減できることをすぐに発見しました。

システムを稼働させ続ける

ダウンタイムは重要なインフラにとって非常に嫌なものです。そのため、施設では、費用のかかる修理やシャットダウンを未然に防ぐために、プロセスを継続的に監視する必要があります。セキュリティカメラは、プロセスセキュリティのタスクに特に適しています。パン/チルト/ズームカメラは、フェンスラインの監視からズームインに簡単に移行して、重要な機器のダイヤルを読み取ることができます。高度なサーマルイメージングテクノロジーと等温解析機能を備えたサーマルカメラは、ボールベアリングの過熱、バルブの詰まり、または配管の漏れを示す微妙な温度変化を検出できます。カメラに搭載されたインテリジェンスと汎用性により、防犯カメラを使用してタンクのレベルを測定し、精製所のフレアスタックを監視し、変電所で変圧器とスイッチギアの故障を予測することにより、オペレーターが大規模な停電を回避することもできます。

ネットワーク監視をSCADAなどの生産監視システムと統合することにより、重要インフラでは次のことが可能になります。

  • プロセスを検査し、それらが正しく実行されていることを確認する
  • 報告された障害を視覚的に評価する
  • 予知保全と傾向監視を促進する
  • ネットワークオーディオシステムとの統合により、リモートメンテナンス支援を提供する

ネットワーク監視システムに二重の職務(施設を保護し、非効率性とコストのかかるダウンタイムからプロセスを保護する)を行わせることで、投資収益率が2倍になります。 また、複数の部門間で監視コストを共有する機会も提供します。

そして、そこに健全性と安全を付け加えることで、ネットワーク監視は3つの利点をもたらすと言えます。

人々を危害から守る

重要インフラが危険な場所になる可能性があることは誰もが知っています。高電電線、可燃性化学物質、有害廃棄物・・・隅々に潜在的な脅威があるため、安全性は大きな問題と言えます。ここでも、監視カメラはリスクを軽減する上で極めて重要な役割を果たすことができます。トンネル、鉄道線路、橋などの危険なエリアまたは立ち入り禁止のエリアに立ち入る人員を検出すると、アラートをトリガーできます。サーマルカメラの場合、ダストや油っぽいぼろきれなどの自己発火性物質が燃焼しようとしているという早期警告の兆候を検出することができます。同様に重要なことは、緊急時に熱の兆候を追跡して、全員が安全に避難できるようにすることです。有害な排出物や化学物質の流出が発生した場合、排出された排出物やその流路を回避するための安全な出口経路を特定することができます。

ネットワークビデオとアクセス制御およびインテリジェントな分析を組み合わせることにより、重要インフラは、労働者、公衆および周辺環境の健康と安全を保護できます。このテクノロジーは以下の管理で役立っています。

  • ポリシーの遵守を視覚的に監視し、リアルタイムでリスクを評価する
  • 制限区域へのアクセスを制御する
  • 救助隊を追跡およびサポートし、避難を確認する

単一の投資から3つの職務に対応

重要インフラの拠点セキュリティ計画は、従来の物理的セキュリティ、プロセスセキュリティ、安全性セキュリティ、この3つのリスク領域すべてに対処する必要があります。ネットワーク監視システムは複数の業務を同時に処理できるため、施設が優れた侵入検知、より信頼性の高い運用、および労働者にとってより安全で健康的な環境を実現するのを支援できます。 3つのシステムを1つにまとめるようなものです。果たせる職務を3倍に、投資収益率を3倍にします。

重要なインフラストラクチャのセキュリティ保護の詳細については、 www.axis.com/critical-infrastructureをご覧ください。