閉山したときのビデオ監視

Vanessa Tyne

世界の鉱業生産量は史上最高に達し、 1985年の96億トンから2017年の172億トンへと現代史上でほぼ倍増しました。鉱物が豊富な南アフリカでは、鉱業はGDPの重要な部分で約50万人が雇用されています。

ダイヤモンド、金、プラチナ、石炭で構成される主要な鉱工業セクターでは、南アフリカの鉱業事業がセキュリティテクノロジーに多大な投資を行って労働者を保護し、鉱山で操業中の侵入行為と盗難を防ぐ理由を簡単に理解することができます。しかし、鉱山が閉鎖されるとどうなるでしょうか?

歴史的に、資源の抽出がもはや利益をもたらさなくなったとき、鉱山を単に放棄することは一般的な慣行でした。監査官の報告によると、南アフリカだけで推定で6,000カ所の廃坑があります。これは、 約50万の廃鉱山を持つ米国のような他の主要な鉱山生産国に比べて比較的少ない数です。

しかし、廃坑は重大な環境問題を引き起こします。大量の酸性排水、尾鉱、廃棄物、その他の汚染物質が発生し、地元の空気、土壌、水源を汚染します。また、忘れられた宝石や金塊を見つけようとする人にとっては、鉱山の立坑から落ちたり、オープンピットで溺れたり、陥没穴に閉じ込められたりするなどの、個人的な安全上のリスクがあります。

これらのすべてが、鉱山閉鎖後のリハビリテーションに関する非常に厳しい規制を促しています。国際金属・鉱業評議会(ICMM)では、鉱山閉鎖の経済的、環境的、社会的側面への対処を支援する責任ある閉鎖のガイドラインを開発しました。

多くの鉱工業のお客さまにとって、これらのガイドラインはゴールドスタンダードです。ガイドラインを順守し、採掘業務全体で進歩的な持続可能性の実践を採用することは、増加傾向にあります。また、環境に配慮し、CSRを重視する消費者の数を増やすための競争上の差別化要因でもあります。さらに、最近の主要な鉱山関連の事件は、重大な金銭的責任をもたらしており、またその後何年もの間会社の評判を損なう可能性があります。

鉱山閉鎖後のリハビリテーションの確保

Mining Journal社の最新のWorld Risk Reportによると、鉱山の閉鎖は、鉱工業におけるトップ5の営業リスクにランクされています。したがって、鉱山会社が鉱山閉鎖後のリハビリテーションを通じて安全とセキュリティへの投資を継続することは理にかなっています。

このフェーズでのセキュリティリスクは、侵入、盗難、妨害、個人の安全など、操業時の場合と非常に似ています。しかし、採掘後の焦点の変化に合わせてテクノロジーを更新する必要があります。 多くの場合、これは完全に改造することを意味します。

これは、特にビデオ監視システムに当てはまります。操業中、ビデオ監視システムは、高レベルの活動があるサイトを監視するように設計されています。カメラは、人と車を明確に識別するために高解像度である必要があります。そしてサイトの活動と安全性のコンプライアンスを高レベルで監視します。大型車両が大量の岩石や鉱石を移動する際に、滑らかで安定した画像を維持するには、防振技術が必要です。インフラは、高レベルの電力と帯域幅の消費をより容易にサポートし、必要に応じてカメラのトラブルシューティングまたは再配置を行うための適切なセキュリティリソースが用意されています。

しかし、鉱山の閉鎖後の段階では、企業はテクノロジーに依存するようになります。なぜなら、人材リソースが単なるスケルトンクルーに縮小されるためです。以前は、高レベルの活動が自然な侵入抑止力を提供していましたが、各企業では現在、広大なリモート境界を保護するためにサーマルベースの侵入保護テクノロジーに注目しています。そして、遠隔地での誤報はコストがかかる可能性があるため、ビデオ分析の品質は非常に良好でなければならないことを強調することが重要です。

資源採掘の監視から現場のリハビリテーションの視覚化への焦点のシフトに伴い、カメラを再配置する必要があり、暗闇の鉱山の立坑が適切に封鎖されるようにするために、低照度、 赤外線およびWDR技術がますます重要になってきています。

サイトのインフラが解体されると、電源、帯域幅、ストレージに関する課題も発生します。そのため、物理ネットワークがない場合でも信頼性の高い監視を提供でき、 電力と帯域幅の消費を最小限に抑える製品を提供するベンダーや物理セキュリティの専門家と協力することが重要です。このような監視ソリューションは、効果的なリモートモニタリングをサポートするために必要なネットワークインフラを提供するだけでなく、ポータブルな設計により、遠隔地や起伏の多い地形にも簡単に展開でき、変化に対応するためにハードウェアを再配置または再利用したいというサイトの監視ニーズに対応できるようになります。

鉱工業におけるテクノロジーの未来

鉱山閉鎖後のリハビリテーションに注意を払うことにより、企業は人命の損失とコストのかかるダウンタイムを回避することができます。これにより、採掘後のコミュニティにおいて持続可能で社会経済的な可能性をサポートして、土地回復へのコミットメントを果たすことができるようになり、はるかに良い立場になることができます。

採掘会社が利益を増やし、環境への影響を最小限に抑え、仕事の危険を減らすための革新的な方法を探求し続けるにつれて、自動化や映像監視アプリケーションの可能性は成長し続けます。

関連情報:重要インフラの業種に関する情報については、以下のページをご覧ください。

重要インフラにおけるAxisのソリューション