番犬、門扉、監視カメラ:小規模ビジネスに最適なセキュリティソリューションはどれですか?

絶え間ない顧客の流れと多忙な仕事の日々におけるセキュリティは中・小企業のオーナーにとって当然のことながら重要です。それでは、セキュリティソリューションに関して最も安全で効率的な方策はどんなことでしょうか?

番犬は侵入者を怖がらせるかもしれませんが、警察官に信頼できる目撃証言を伝えることは決してありません。大きな頑丈な門扉は効果的な場合がありますが、忙しい一日の終わりにそれをロックするのを忘れると、実際には役に立ちません。ビジネスを安全に保つための従来の方法に依存している場合は、監視カメラなどの代替手段を検討する時が来るかもしれません。

いくつかの実用的な例を見てみましょう。

余分な目で店のチェーンを安全に保つ

チェーン店舗を管理することは困難な場合があり、時間は貴重です。顧客と従業員を安全に保つことは皆さんの仕事だとしても、同時にすべての場所にいることは不可能です。そこで監視カメラシステムを使用すると、各店舗に余分な「目」のペアを追加することにより、実質的に存在することができます。監視技術を使用することにより、入り口から駐車場まで、店舗の隅々まで監視できるようになります。さらに良いことに、システムは、暗闇での鮮明な画像のための赤外線照明技術や、屋外での使用のために設計されたデバイスの使用など、特定のニーズに合わせて調整することができます。

管理者は、カメラにリモートでアクセスできます。また、モバイルデバイスを使用して、現場で起こっていることの概要を簡単に取得できます。必要に応じて、記録された映像に戻って確認することも簡単です。さらに、店のオーナーは、店の床にこぼれたものを見つけたり、棚の補充が必要かどうかを確認したりといった特定のタスクを行うこともできます。

今、1日24時間、週7日間、同じ仕事をしている犬がいると想像してみてください。それは難しいでしょうか? 私もそう思います。顧客や従業員が犬にアレルギーがあるかもしれないという事実を追加すると、さらに複雑な話になります。確かに、門扉は閉店後に店舗を保護できますが、営業時間中の強盗や万引きなどの脅威からは保護できません。これらのことはカメラにとって簡単に解決できることだと思います。

盗難の脅威があるキオスクの管理

キオスクを運営していれば、盗難や万引きの脅威についておそらくすべて知っているでしょう。疑いもなくお客様のことをよく知っており、ピーク時にも会話に時間をかけると、キオスクで行われていることのすべてを見ることはさらに難しくなります。万引きをする人は、見ている人がいなければ簡単に手を出してしまうでしょう。これに加えて、店が閉まっているとき、たとえば昼食時や短い用事で飛び出す必要があるとき、犯罪のリスクはさらに増加し​​ます。

他にも発生する可能性のある問題は、お金がいくら手渡されたか、お釣りがいくらかについての顧客との誤解です。これらのシナリオでは、監視技術が解決策になる可能性があります。鮮明なHD画像とワイドダイナミックレンジテクノロジーにより、より良いコントラストが可能になり、警察は泥棒を識別し、キオスクの照明条件が何であれ、金銭に関わるトラブルを解決できるようになります。

現在、ほとんどの店主はインターネットルーターを所有していることから、IPネットワークベースのシステムはお金に見合った価値を提供できます。システムをルーターに接続するだけで、ほとんどのアナログシステムよりも高い画質が得られます。

カメラ監視? はい、お願いします。

番犬と鋼鉄の門を尊重して、皆さんのビジネスが現代の監視カメラシステムにアップグレードする時が来たのではないでしょうか?

Axisができることについて、ぜひご覧になってみてください。

AXIS Companion