音声で話しかける:最前線でのインシデントの抑止

Magnus Zederfeldt

ビデオ監視システムは、事件後の調査と証拠を提供するため、法医学的(フォレンジック)用のツールとして伝統的に使用されています。もし、皆さんが事件が起こる前に積極的に事件を阻止することを目的に監視システムを使えると仮定するならば、どのように使うのがよいでしょうか?

ネットワークオーディオはセキュリティソリューションにとって大変貴重なツールです。カメラに内蔵された映像分析と連動して再生される録音済みのメッセージや、監視対象エリアに対するライブでの警告・案内放送の両方を使用できます。事件や盗難を防止することは、より安全な環境を生み出すだけでなく、多くの節約にもつながります。この利点には、損害賠償や商品ロスの減少、事件に関連する管理の削減、保険料の減少、そして法的費用の削減が含まれます。

この記事では、ネットワークオーディオが最前線でのインシデントの防止に役立つように使用されてきた事例のほんの一部をご紹介します。

自動車ディーラーへの侵入者を抑止

複数の店舗を持つ大手自動車ディーラーでは、ディーラーへの侵入者を抑止し、店舗を保護するためにスピーカーを利用することにしました。店舗の屋外に保管されることの多い貴重な自動車が、営業時間外に盗難や破壊行為にさらされる可能性があったためです。

解決策は、カメラにホーンスピーカーと動体検知を追加することでした。営業時間外に施設に侵入があった場合は、「ビデオ監視下にあります。いますぐ施設から出てください」という音声案内が自動再生されます。犯罪者がその現場を離れないままでいる場合は、監視ステーションから直接その現場に話しかける形で別のアナウンスができるようになっています。

映像をトリガーとした音声による警告とスピーカーへのリモートアクセスを組み合わせたことで、このディーラーでは警察への出動要請を行うことなく、侵入者の約90%を阻止できるようになりました。

薬局の処方箋を安全に保つ

高価な美容製品から処方薬まで、薬局の棚には、泥棒にとって魅力的といえる多くのアイテムがあります。

ヨーロッパにある大規模な薬局では、建物の外側にあるホーンスピーカーを使ってこの問題に対処しました。スピーカーは周辺保護用としてカメラと組み合わせて使用​​され、営業時間外に潜在的な脅威が検出されると、中央制御室にアラームが自動送信されます。アラームを受け取ったオペレーターは脅威レベルを評価し、必要に応じてライブオーディオによる警告で対応することができます。

従業員が現場にいて脅迫されていると感じた場合は、オーディオブリッジに接続されたパニックボタンを使用して、同様に中央制御室に連絡することができます。

ATMでの肩越しの覗き見を防止

ATM攻撃は世界的な問題であり、年々、攻撃数が増加しています。皆さんは、犯罪者が個人情報を覗き見るような行為や他の出来事から、どのようにしてご自身を守りますか?

1000を超えるATMを運営している銀行では、「肩越しの覗き見」を防ぐための効果的な方法を模索していました。

解決策は、ATMを使用している利用客の近くに誰かが立っている状態を検出する目的で、ビデオ動体検知ソフトウェアを備えたカメラを導入することでした。このソフトウェアはスピーカーに音声クリップを再生するよう指令を送り、スピーカーからは「行列からの距離を保ってください」というメッセージが再生されます。さらに、カメラはイベントを記録し、銀行の管理室に通知を送信します。その人が再生されたメッセージに従わなかった場合、管理室からライブマイクを使ってメッセージをリアルタイムで伝えることができます。このソリューションが導入されてから、犯罪はおよそ30%減少しました。

サイの聖域の周辺を保護する

国際自然保護連合(IUCN)のデータによると、アフリカでのサイ密猟事件は過去6年間、毎年増え続けています。密猟者は、違法行為の効率を上げるべく洗練された技術を取り入れています。

南アフリカのRhino Pride Foundation Sanctuaryでは、区域内のサイを保護するために、24時間365日、暗い場所から日当たりの良い駐車場に至るまで、人や物、インシデントを検出することを目的とした、サーマルカメラによる周辺保護のツールを導入しました。これにより、侵入が発生する前に疑わしい活動を発見することが可能になりました。さらに、ネットワークホーンスピーカーをカメラと組み合わせて使用​​して、遠隔操作で案内放送を流し、望ましくない活動を阻止しています。このシステムでは、侵入者を検知したアラームが発せられたときに、予め録音したオーディオファイルを手動でまたは自動でスピーカーから再生することもできています。

犯罪の記録はセキュリティ上の重要な資産です。犯罪行為を検知して、法執行機関に通報し、犯人を特定して法的措置を執ることをより容易になものとします。しかし、犯罪を抑止できることはさらに価値があるといえ、ライブと録音の両方のオーディオが犯罪者の抑止にプラスの影響を与える可能性があることをデータが示しています。

もちろん、現在お持ちのソリューションにネットワークオーディオを追加することで、防犯の最前線で事件を阻止する助けとなります。ここで強調した例は導入事例のほんの数件ですが、その可能性は無限大といえます。

セキュリティソリューションがより高度になるにつれて、境界線を保護しながらビデオ分析やオーディオなどのツールを追加することがより簡単で効率的になります。オーディオソリューションの利点についてもっと知りたい場合は、下のボタンをクリックして、Axisが提供するより詳細な内容をご覧になってください。

オーディオの可能性