監視カメラとセンサーが持続可能性の実現に役立つ理由

Andrea Sorri

持続可能性は、ビジネスで最も話題になっているもののひとつです。ますます多くの人々が自分たちが世界にどんな影響をもたらしているかを理解するようになるにつれ、私たちがどのように生き、それが環境にもたらす影響をどのように改善するかという新たな解決策が、イノベーションを推進するようになりました。

センサーと持続可能性

持続可能性のビジョンの一部は、最も深刻な問題が起こっている分野のいくつかに取り組み、私たちが地球上で取り組んでいる課題で燃え尽きてしまわないようブレーキをかけることを意味しています。私たちが住んでいる都市は現在、持続可能であるとは言えません。持続可能性を改善するためには、いくつかの分野に取り組む必要があります。そして、新しい技術と既存の技術を用いることが解決に役立つことになるのです。

都市には、高度な監視を提供するセキュリティシステムがすでに導入されています。非常にベーシックなものがある一方で、高度なネットワーク(またはインフラストラクチャ)を提供し、最新のソフトウェア、カメラ、その他のデバイスを使用して環境を監視し、持続可能性を向上させていることも確かです。

IoTセンサー類は、視覚だけでは得ることのできない情報を収集するのに最適な選択肢です。これらは空気中の汚染物質のレベル、騒音レベルや振動といった分野では、時に人間よりも多くのことを検出できています。こうしたセンサーは多くのカメラベースの監視ソリューションに有用な要素して追加されています。このことは、ユーザーが(脅威のある)領域を、環境要因と同様に監視することを可能にします。たとえば、中央データベースに接続して持続可能性の問題に関する情報をリアルタイムで中継することで、潜在的な問題が制限値を超える前に当局に警告するための早期警告システムを作成することができます。

ミッションを達成するために不可欠なセンサーを使用することによって、このタイプのデータ分析は、多くの都市が2030年までに持続可能性目標を達成する助けになることでしょう。

複数のデバイスで問題発生を防ぐ

今日のセンサーは、環境を監視するためにすでに多くが使用されてます。カメラとセンサーを繋ぐことが非常に効果的になるのは、分析のために異なる種類のデータを組み合わせて集約するという場面です。単にセンサーがカメラに接続されているということだけでなく、異なるデバイスが同じ「言語」を話すことで、連携できるようになります。

これらのシステムは、すでに安全性とセキュリティの目的で多くの分野で使用されていますが、持続可能性を改善するためにもっと広い分野に適用させることもできます。センサー、ビデオ、音声の組み合わせは、持続可能性のマネジメントの改善につながる可能性があります。汚染の蓄積箇所、廃棄物の投棄、街灯の照度不足、住宅密集地、洪水のリスクなどを、それぞれ専用のセンサーで検知することができます。事象の記録を分析して一定のパターンを探り出し、問題の防止や持続可能性の向上につなげることができるようになります。センサーで収集されるインテリジェンスに基づいて新たなポリシーを適用すれば、必ずしも成功するとは限らない「試行錯誤」の手法にリソースを費やす必要がありません。継続的な測定を通じて状況を確認しながら、直感ではなく、知見に基づいて調整を行えるようになります。

コストの削減

センサーやカメラを賢く使用することで持続可能性を高めることができる2つ目の方法は、収集した情報を使用して都市のコストを削減し、都市の緑化などの、他の持続可能性プロジェクトに投資することです。たとえば、LED街灯を制御システムと組み合わせて使用することにより、公衆安全当局が、霧や雨などの気象条件のほか、自然光の条件に合わせて照度を調整することができ、都市の電力費用とエネルギー放出量を削減することができます。

洪水などの自然災害については、環境センサーのビッグデータを分析し、状況が絶望的にならないうちに対策を行い、支出を抑えることができる可能性があります。都市の早期警告システムを改善し、潜在的な脅威についての意識を高めれば、システムの被害を最小限に抑えることができ、大災害からの復旧に必要なコストや、その他の悪影響を減らすことが可能になります。

将来の計画

センサーやカメラなど、さまざまなデバイスでいっぱいの都市について話すことは、より持続可能な未来への答えであるように聞こえますが、すぐに分かる欠点もいくつかあります。これらのデバイスは設置やメンテナンスも当然必要になり、都市の持続可能性に逆行する問題になると言えます。この問題は、今後、インフラの1つの部品にいくつかのセンサーを組み込んだマルチセンサーデバイスの登場によって、解決される可能性があります。

たとえば、スマート街灯のような現在のデバイスに汚染モニタリング用のセンサーなどを追加して、1つのユニットにすることができます。1つのデバイスに必要なすべてのセンサーを組み込むようにすれば、無数のセンサーがあちこちに存在するよりもコンパクトで美観に優れているだけでなく、経済的な価値や持続可能性も向上し、最終的に、国連が設定した12番目の目標である「持続可能な消費と生産」にも合致するようになります。少ないリソースで多くを成し遂げること。それが今後のスローガンであり、センサーがこの目標達成にける重要な役割を果たす可能性があります。

センサーがまだ私たちの日常生活の一部になるまでには至っていませんが、カメラとセンサーの相互作用はここ数年で改善され、より持続可能な都市の目的を達成するための重要なツールになってきています。廃棄物であっても、自然災害であっても、汚染であっても、センサーはすでに都市をより安全で持続可能にするために役立ってます。カメラとセンサーを組み合わせることで国連が掲げる目標を1つでも達成する可能性があるならば、こうした機器の連携の改善に取り組む価値はあるでしょう。

持続可能なセキュリティソリューションが人、地球、そして利益をどのように保護することができるかの例として、別のブログ投稿(英文)もご覧ください。

Protecting people, planet and profit