axisFlexSubBanner

ネットワークカメラとは?


ネットワークカメラとは、カメラとコンピュータを組み合わせてできたユニットであり、IPカメラとも呼ばれます。ネットワークカメラの主要な部品は、レンズ、画像センサー、単体または複数のプロセッサ、そしてメモリです。ネットワークカメラに搭載されるプロセッサは、画像処理、圧縮、動画分析およびネットワーク処理を行います。メモリは、ネットワークカメラのファームウェア(コンピュータプログラム)の保存や、画像の一時的な保存に使用されます。

コンピュータと同じように、ネットワークカメラには固有のIPアドレスを割り当てることができます。IPアドレスを持つことでネットワークに直接接続できるようになり、ネットワークがあるところにはどこでも設置することが可能になります。これが、Webカメラとは異なる点です。WebカメラはUSBやIEEE1394ポートを通じてコンピュータと接続し、さらにコンピュータにソフトウェアをインストールしてはじめて動作します。ネットワークカメラはWebサーバ、FTP(File Transfer Protocol)、そして電子メール機能を持ち、多様なIPネットワークとセキュリティプロトコルに対応しています。

Network camera illustration
ネットワークカメラはネットワークに直接接続します。

ネットワークカメラはライブ動画をIPネットワークを通じて配信したり、連続またはあらかじめ指定した時間、またはイベントの発生時や権限を持つユーザの要求によって録画を行ったりできます。映像はMotion JPEG、MPEG-4、H.264といった圧縮フォーマットで配信できます。個々のJPEGイメージをFTP、電子メール、HTTP(Hypertext Transfer Protocol)を利用してアップロードすることも可能です。 参照してください 圧縮フォーマットネットワークプロトコルについて

さらに、動画を撮影するだけでなく、Axisネットワークカメラはイベント管理とビデオモーション検知、音声検知、いたずら警告、自動追尾といったインテリジェントビデオ機能を提供します。ほとんどのネットワークカメラには入力/出力(I/O)ポートを備えており、センサーやリレーなどの外部デバイスの接続が可能です。他の特徴としては、音声機能とPoE(Power over Ethernet)のサポートがあります。Axisネットワークカメラは先進のセキュリティとネットワーク管理機能をサポートします。

ネットワークカメラの各部名称
ネットワークカメラの各部名称。

次のトピック:ネットワークカメラの種類

axisFlexSubContent