axisFlexSubBanner



用語集:ネットワークビデオ

金融 | ネットワークカメラ

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ


ActiveX
ActiveX は、ソフトウェアコンポーネントがどの言語で作成されたかに関係なく、ネットワーク環境でインタラクティブに機能させるための標準技術です。Web ブラウザには、ActiveX コントロール、ActiveX ドキュメント、ActiveX スクリプトを組み込むことが可能です。ActiveX コントロールは、多くの場合、必要に応じてダウンロードされて自動的にインストールされます。

AF (オートフォーカス)
カメラレンズが被写体の選択された部分に自動的に焦点を合わせるシステム。

アングル
35 mm スティールカメラの標準レンズに対する視野。「30°」のように度数で表します。実質面では、これがレンズでカバーできる範囲で、レンズの焦点距離によって画角が決まります。ワイドアングルのレンズは焦点距離が短く、焦点距離が長い標準レンズや望遠レンズに比べてより広いアングルをカバーできます。

ARP (アドレス解像度プロトコル) 
このプロトコルは、IP アドレスをハードウェアの MAC アドレスに関連付けるために使用します。特定の IP アドレスに関連付けられた MAC アドレスを検出するために、ローカルネットワーク上で要求をブロードキャストします。

ARTPEC (Axis リアルタイムピクチャエンコーダー)
Axis が開発した画像圧縮チップ。ARTPEC は、幅広い CCD および CMOS センサーのサポート、シャープニング、逆光補正、ノイズ削減、ホワイトバランスといった内蔵機能のサポート、Motion-JPEG マルチストリーミングのサポート、MPEG-4 part 2 のサポート、4 つのビデオソースから最高 30 フレーム/秒の同時転送、最大 45 メガピクセル/秒のリアルタイム圧縮を提供します。

ASIC (Application Specific Integrated Circuit)
マイクロプロセッサなどが汎用回路であるのに対し、特定アプリケーション向けに設計された回路のこと。

アスペクト比
画像の幅と高さの比率。テレビ画面やコンピューターのモニターに使用される一般的なアスペクト比は 4:3 です。高精細テレビ (HDTV) のアスペクト比は 9:16 です。

自動絞り (DC アイリス)
カメラの電子制御により入光量を自動調整する、特別なタイプのレンズ絞り。

AVI (Audio Video Interleave)
音声と動画の同時再生をサポートするビデオフォーマット。

ビットマップ
長方形のピクセルグリッドを表示するデータファイル。表示領域内の各画素 (ビット) の表示間隔と色を定義します。このファイル形式の画像を「ラスタグラフィック」と呼びます。GIF と JPEG は、ビットマップを含む画像ファイル形式の例です。

ビットマップではこの固定ラスタ形式を使用しているため、サイズ変更すると鮮明さが損なわれます。これに対し、ベクトルグラフィック画像は、幾何学図形を使用して画像を表示するため、すばやくサイズ変更できます。

ビットレート
ビットレート (単位: Kbit/s または Mbit/s) は、多くの場合、速度の単位として使用されますが、実際には、時間あたりの距離ではなく、時間あたりのビット数で表されます。

Bluetooth
Bluetooth は、モバイル機器 (PC、ハンドヘルド機器、電話機、プリンター) 間で音声およびデータのワイヤレス転送を行うためのオープン規格です。

Bonjour
ゼロコンフィギュレーションネットワーキング技術とも呼ばれます。Bonjour を使用すると、IP ネットワーク上のコンピューター、デバイス、サービスが自動的に検出されます。Bonjour によってデバイス相互に自動検出できるため、IP アドレスの入力や DNS サーバーの設定が不要になります。Bonjour は Apple Computer Inc. が開発した技術です。

BOOTP (Bootstrap Protocol)
ネットワークデバイスを自動的に設定できる (デバイスの IP アドレスを指定する) プロトコル。
BOOTP は、より高度な DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol) ネットワーク管理の基本仕様です。

ブロードバンド
ネットワーク技術用語としてのブロードバンドは、同じ搬送波を使用して複数の信号を転送する方式を表します。より一般的な用語としては、高速データ伝送の意味に使用されます。

CCD (Charged Coupled Device)
多くのデジタルカメラに使用されているこの光検出素子は、光エネルギーを電子信号に変更する数十万個の受光器 (画素) を含む大規模集積回路です。CCD のサイズは対角線で計測し、1/4 型、1/3 型、1/2 型、2/3 型のように表します。詳細情報:CCD と CMOS

CGI (Common Gateway Interface)
Web サーバーとその他の (CGI) プログラム間の通信に使用される仕様。たとえば、フォームを含む HTML ページで、フォーム送信後にフォームデータを処理する CGI プログラムを使用できます。

CIF (Common Intermediate Format)
CIF は、352x288 ピクセル (PAL) または 352x240 ピクセル (NTSC) のアナログビデオ解像度を表します。「解像度」も参照。

クライアント/サーバー
クライアント/サーバーは、クライアントとサーバーの 2 つのコンピュータープログラムの関係を表します。クライアントはサーバーからのサービスを要求し、サーバーはその要求を実行します。一般に、共通するサーバープログラムのサービスを複数のクライアントプログラムが共有します。Web ブラウザは、Web サーバーからのサービス (Web ページやファイルの送信) を要求するクライアントプログラムです。

CMOS (Complementary Metal Oxide Semiconductor)
CMOS は、プラスとマイナスの両方の回路を使用するタイプの半導体で、広く普及しています。CMOS チップは、一度にどちらか一方の回路タイプしか使用しないため、1 種類のトランジスタのみを使用するチップよりも消費電力が少なくなります。CMOS イメージセンサーでは、同じチップに処理回路も実装できます。CCD センサーの場合はこれが不可能で、生産コストもはるかに高くなります。詳細情報:CCD と CMOS

同軸ケーブル
同軸ケーブルは、CCTV システムでアナログビデオ転送に使用される一般的な手段です。同軸ケーブルは、ケーブル会社が住宅用の建物にテレビを配信するためにも使用されます。

コーデック
通信技術の分野では、コーデックとは符号化および復号化機能を意味します。コーデックは、たとえば、画像および音声のアナログ信号を転送するためにデジタル形式に変換するなど、変換機能の集積回路 (チップ) として提供されます。受信したデジタル信号をアナログ形式のデータに変換する際にも、コーデックを使用します。コーデックは、アナログ/デジタル変換とデジタル/アナログ変換を同じチップで行います。

コーデックは、圧縮/解凍の意味にも使用しますが、その場合は一般に、大きなファイルやプログラムのサイズを削減するアルゴリズムまたはコンピュータープログラムを指します。

複合ビデオ
赤色、青色、緑色信号を混ぜて使用するビデオ信号のタイプ (音声信号に使用することもあります)。

圧縮
「画像圧縮」を参照。

コントラスト
画像またはビデオストリームの最も明るい部分と最も暗い部分の違いの程度を表します。

コントロールユニット (制御装置)
CCTV システムに 2 台以上のカメラが含まれる場合、レコーダーやモニターに送出されるビデオ信号を制御する手段が必要です。ビデオコントロールユニットの基本的なタイプには、マルチプレクサ、スイッチ、クワッドの 3 種類があります。

DC アイリス
カメラの電子制御により入光量を自動調整する、特別なタイプの絞り。

デコーダー
「ビデオデコーダー」を参照。

デインターレース
「インターレース」を参照。

DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol)
DHCP は、ネットワーク管理者が、ネットワーク内の接続デバイスに IP(インターネットプロトコル) アドレスを自動的に設定して一元管理するためのプロトコルです。

DHCP は、特定のコンピューターで指定した IP アドレスを一定時間有効とする、「リース」の考え方を採用しています。リース時間は、特定の場所でユーザーがネットワーク接続を必要とする見込み時間によって変えることができます。

DHCP は、Web サーバーを実行しているコンピューターなど、永久 IP アドレスを必要とするコンピューター向けに、静的アドレスもサポートしています。

DNS (ドメインネームシステム)
DNS は、IP (インターネットプロトコル) アドレスを検索して変換するために使用されます。ドメイン名は、意味があってインターネットアドレスとして覚えやすい名前です。たとえば、IP アドレスの「192.0.34.166」よりドメイン名「www.example.com」を覚える方がはるかに簡単です。ドメイン名の変換テーブルは、ドメインネームサーバーで管理されています。

ドメインサーバー
Windows コンピューターの管理を一元的に行いたい組織では、ドメインも使用できます。ドメイン内の各ユーザーにはアカウントが割り当てられます。通常、ユーザーはそのアカウントを使用してログインし、ドメイン内のコンピュータを使用します。ただし、アクセス制限が設定される場合もあります。ドメインサーバーは、ネットワーク上のユーザーを認証するサーバーです。

デュプレックス
「全二重」を参照。

エンコーダー
「ビデオエンコーダー」を参照。

イーサーネット
イーサーネットは、最も広く導入されている LAN(ローカルエリアネットワーク) 技術です。イーサーネット LAN には、通常、特別な等級のツイストペアケーブルを使用します。最も普及しているイーサーネットシステムは、10BASE-T と 100BASE-T10 です。10BASE-T の伝送速度は最大 10 Mbps、100BASE-T10 の伝送速度は 100 Mbps です。詳細情報:IP ネットワーク

ETRAX (Ethernet Token Ring AXIS)
ETRAX チップは、Axis の基盤技術で、ほぼすべての Axis 製品に「頭脳」として搭載されています。イーサーネットネットワーキング技術と柔軟性の高い I/O オプションを実装した、Linux 汎用チップです。

工場出荷時設定
工場から最初に出荷された時点で、デバイスに元々適用されていた設定値です。工場出荷時設定に戻す必要がある場合、多くのデバイスでは、ユーザーが変更した設定はすべてリセットされます。

ファイアウォール
ファイアウォールは、LAN(ローカルエリアネットワーク) とインターネット間など、ネットワーク間の防御壁として機能します。ファイアウォールは、認証されたユーザーのみにネットワークへのアクセスを許可します。ファイアウォールは、コンピューターで実行されるソフトウェアの場合と、スタンドアロンのハードウェアデバイスの場合があります。

固定絞り
光量レベルが一定している屋内環境では、固定絞りレンズを使用できます。固定絞りレンズを使用すると、絞りの調整は行えず、特定の f 値で固定されます。光量レベルの変化を補正するには、露出時間を調整するか、ゲインを使用します。

焦点距離
ミリ (mm) 単位で計測します。カメラレンズの焦点距離によって水平視野の広さ (度数で表します) が決まります。

FTP (ファイル転送プロトコル)
FTP は、TCP/IP プロトコルを使用するアプリケーションプロトコルで、ネットワーク上のコンピューターやデバイス間のファイル交換に使用されます。

フレーム
フレームとは、ビデオ画像全体を指します。2:1 インターレース走査方式の
RS-170 および CCIR 形式のフレームは、走査周波数 60 Hz または 50 Hz で表示される 262.5 行または 312.5 行の 2 つの異なるフィールドから成ります。これらのフィールドによって 1 つの全面フレームが形式され、30 Hz または 25 Hz で表示されます。プログレッシブスキャン技術を採用したビデオカメラの場合、各フレームがインターレース方式ではなく 1 行ずつ走査されます。また、ほとんどは 30 Hz と 25 Hz でも表示されます。

フレームレート
フレームレートは、ビデオストリームの更新周波数を表すために使用され、1 秒あたりのフレーム数 (fps) で計測します。フレームレートが大きいほど、画質のスループットを維持できるため、ビデオストリームに動きがある場合に有利です。詳細情報:フレームレート制御

全二重
同時に 2 方向へデータを転送する方式。音声システムでは、電話システムがこの方式を採用しています。半二重方式でも双方向の通信が提供されますが、ウォーキートーキー (トランシーバー) のように、一度に一方向しか転送できません。「単方向通信 (シンプレックス)」も参照。詳細情報:音声

ゲイン
ゲインとは増幅率のことで、アナログ増幅器によって信号強度を高められる範囲を意味します。通常、増幅率は電力について表します。増幅器のゲインを測定する最も一般的な単位はデシベル (dB) です。

ゲートウェイ
ゲートウェイとは、あるネットワークで別のネットワークへの入口点として機能するポイントのことです。たとえば、企業内ネットワークでは、ゲートウェイとして機能するコンピューターサーバーを同時にプロキシーサーバーやファイアウォールサーバーとして機能させることがよくあります。ゲートウェイは、しばしばルーターとスイッチの両方に接続されます。ルーターは、ゲートウェイに到達したデータパケットの送信先を指示し、スイッチは、特定のパケットがゲートウェイから出入りするときの実際の伝送路を提供します。

GIF (Graphics Interchange Format)
GIF は、Web ページの画像に使用される最も一般的なファイル形式の 1 つです。GIF 形式には、87a と 89a の 2 つのバージョンがあります。バージョン 89a では、1 つの GIF ファイルに含まれる画像の短いシーケンス、つまり、動画がサポートされます。GIF89a は、インターレース方式の表示でも指定できます。

GOV (Group Of VOPs)
VOP グループは、H.264 ビデオストリームの基本単位です。GOV には、GOV の長さや GOV 構造によって判別されるさまざまなタイプと数の VOP (I-VOP、P-VOP など) が含まれます。「VOP」も参照。

GOV の長さ
GOV の長さは、GOV 構造内の画像 (VOP) の数によって判別します。「GOV」と「VOP」も参照。

GOV 構造
GOV 構造は、H.264 ビデオストリームの構成を、ストリームに含まれる画像 (I-VOP または P-VOP) のタイプとストリーム内の順序で表します。「GOV」と「VOP」も参照。

H.264
MPEG-4 Part 10 とも呼びます。新しい世代のデジタルビデオ用の圧縮方式です。H.264 は、同じビットレートと帯域幅で Motion JPEG や MPEG-4 よりも高いビデオ解像度を提供し、ビットレートが低い場合も同じ画質でビデオを再生できます。

半二重
「全二重」を参照。

HDTV (高精細テレビ)
HDTV は、標準のアナログテレビの最大 5 倍の解像度で表示します。HDTV は、カラー信頼性が高く、アスペクト比 16:9 の画面を表示します。現在、最も重要な HDTV 規格は、SMPTE(Society of Motion Picture and Television Engineers) によって定義された、SMPTE 296M と SMPTE 274M の 2 種類です。詳細情報:HDTV

HTML (ハイパーテキストマークアップ言語)
HTML とは、Web ブラウザで表示するためのファイルに挿入される「マーク付け」符号 (コード) のセットです。このマークアップ言語を使用して、Web ページ上の語句や画像のユーザーに対する表示方法をブラウザに指示します。

HTTP (Hypertext Transfer Protocol)
HTTP は、Web 上のファイル (テキスト、グラフィックイメージ、サウンド、ビデオ、その他のマルチメディアファイル) 交換用のルールセットです。HTTP プロトコルは、TCP/IP プロトコルスイートより上位層で実行されます。

HTTPS (Hypertext Transfer Protocol over SSL)
HTTPS は、ブラウザや Web サーバーで、ユーザーのページ要求とサーバーから返されるページを暗号化および復号化するために使用される Web プロトコルです。

暗号化された情報交換は、サーバーの真正性を保証する HTTPS 認証 (認証局が発行) を使用して行われます。



特に制限なく、一部の Axis 製品は、Open SSL Project によって開発された、OpenSSL Toolkit (http://www.openssl.org/) で使用するためのソフトウェア、および Eric Young (eay@cryptsoft.com) によって作成された暗号ソフトウェアが含まれています。 

ハブ
複数のデバイスをネットワークに接続するために使用する (ネットワーク) 中継器。ハブでは、ハブに接続したすべてのデバイスにデータが送信されるのに対し、スイッチでは、意図したデバイスにのみデータが送信されます。

IEEE 802.11
ワイヤレス LAN 規格群。802.11 規格は、2.4 GHz 帯域で 1 ~ 2 Mbit/秒の転送速度をサポートします。IEEE 802.11b は 2.4 GHz 帯域で最大 11 Mbit/秒、802.11g は 5 GHz 帯域で最大 54 Mbit/秒のデータ転送が可能です。



特に制限なく、一部の Axis 製品は、Open SSL Project によって開発された、OpenSSL Toolkit (http://www.openssl.org/) で使用するためのソフトウェア、および Eric Young (eay@cryptsoft.com) によって作成された暗号ソフトウェアが含まれています。 

画像圧縮
画像を圧縮することで、画像のファイルサイズ (バイト単位) を削減できます。最も一般的に使用されている画像圧縮形式は、JPEG と GIF の 2 種類です。「MPEG」と「Motion JPEG」も参照。詳細情報:圧縮規格

インターレース
インターレースビデオとは、1 秒間に 50 画像 (フィールドと呼ぶ) の速さで走査し、2 つの連続するフィールド (ハーフ画像) を結合して 1 つのフレームにした動画のことです。インターレースは、アナログテレビ向けに何年も前に開発され、今なお広く使用されている技術です。インターレース技術は、一般的なテレビ画像の動画視聴に効果的です。ただし、画面にある程度の歪みが常に生じます。

コンピュータのモニターなどでインターレースビデオを表示するには、まずビデオをデインターレースして、プログレッシブビデオを生成する必要があります。プログレッシブビデオは、25 フレーム/秒の速度ですべての画像を順次表示したものです。「プログレッシブスキャン」も参照。詳細情報:プログレッシブスキャンとインターレース

IP (インターネットプロトコル)
IP(インターネットプロトコル) は、ネットワーク上のデータ転送方式です。送信データは、完全に独立した個別の「パケット」に分割されます。インターネット上の各コンピュータ ー(またはホスト) には、他のシステムと一意に識別できるアドレスが少なくとも 1 つ割り当てられており、各データパケットには、送信元のアドレスと受信側のアドレスの両方が含まれます。

IP は、指定したアドレスにすべてのデータパケットを確実に到達させます。IP は、通信のエンドポイント間の接続を確立しない接続不要のプロトコルです。パケットは、異なる経路から送信することが可能で、送信した順序どおりに宛先に到達するとは限りません。

データパケットが指定した宛先に到達すると、TCP(Transmission Control Protocol) という別のプロトコルによって正しい順序に並べ替えられます。「TCP」も参照。

IP アドレス
IP アドレスは、IP ネットワークに接続されたコンピューターまたはデバイスが使用する、IP ネットワーク上のアドレスです。IP アドレスを使用して、すべての接続コンピューターまたはデバイスを相互に検出し、データの受け渡しを行うことができます。

衝突を避けるため、各 IP アドレスは特定のネットワーク上で一意でなければなりません。IP アドレスは、変更されないように固定アドレスを設定するか、DHCP を使用して動的に (かつ自動的に) 割り当てることができます。

IP アドレスは、ピリオドで区切られた 4 区分の 10 進数から成り、「130.5.5.25」という形式で表記します。各区分のアドレスは異なる情報を表しています。ある区分はネットワーク番号つまりアドレスを表し、別の区分はマシンの論理アドレスを表します。「IP(インターネットプロトコル)」も参照。

IP カメラ
IP カメラ、ネットワークカメラ、インターネットカメラは、すべて同じ意味で使われ、カメラとコンピューターを組み合わせて 1 つの装置にしたものを指します。IP カメラは、スタンドアロンの装置として作動しますが、ネットワークに接続する必要があります。詳細情報:ネットワーク カメラとは?

赤外線 (IR)
赤外線は、可視光線より波長が長く、人が裸眼で確認することはできませんが、放射熱として検知することができます。たとえば、周辺温度の低い場所で人体を撮影するなど、低温の環境でより高温の対象物をより明るく表示することにより、検知した赤外線を画面に表示したり、デジタルカメラでとらえることが可能です。

カラーカメラでは、可視光線だけでなく、赤外線も「目で見る」ことができます。そのため、色の歪みの発生や人の目に危害が及ぶのを防ぐために、カラーカメラには赤外線カットフィルタが装備されています。特に暗い場所や夜間にカメラで撮影する場合は、赤外線カットフィルタを取り外し、赤外線をイメージセンサーに反応させて画像を撮影することができます。

また、赤外線ランプを使用すると、可視光線を増加させずに、夜間監視のための照度を高められます。 

入力/出力 (I/O)
デジタル I/O がオンの場合、ネットワークカメラを使用してデバイスを接続し、オープン回路とクローズ回路を切り替えられます。

たとえば、ドアスイッチを入力デバイスとして使用する場合、ドアを開くとビデオ画像のアップロードが開始され、通知メッセージが送信されるように設定できます。
出力デバイスの使用例としては、動体検知がトリガーされたときに自動的にサイレンを鳴らすことができます。

ISMA (Internet Streaming Media Alliance)
ISMA は、MPEG-4 データのネットワーク送信におけるさまざまなクライアントおよびサーバー間の相互運用性を促進する仕様を策定しました。詳細情報:www.isma.tv 

I-VOP
「VOP」を参照。

JPEG (Joint Photographic Experts Group)
JPEG は、GIF ファイル形式と同じく、Web 上で一般的に使用されている画像ファイル形式です。JPEG 画像はビットマップで、ファイル拡張子は通常「.jpg」または「.jpeg」です。JPEG 画像を作成する際には、使用する圧縮レベルを設定できます。圧縮レベルを低く (高画質) 設定すると、ファイルサイズは大きくなるため、画質とファイルサイズは相反する関係にあります。

Kbit/秒 (1 秒あたりのキロビット数)
ビットレートの単位。特定地点をビットが通過する速度を表します。「ビットレート」も参照。

LAN (ローカルエリアネットワーク)
LAN は、コンピューターおよび接続デバイスのグループで、通常、限られた地域内で共通リソースを共有します。

Linux
Linux は、オープンソースの UNIX 系オペレーティングシステムです。Linux は、堅牢性と可用性に優れていることから、オープンソースのコミュニティや一般市場のアプリケーション開発者の間で普及しています。

Lux(ルクス)
照度の標準単位。

MAC アドレス(Media Access Control address)
MAC アドレスは、ネットワーク機器 (正確には、ネットワーク機器のネットワークとのインターフェース) に関連付けられた一意の識別子です。たとえば、コンピューターに搭載されたネットワークカードには固有の MAC アドレスが割り当てられています。

手動絞り
自動絞りでは自動的に行われる機能ですが、このタイプではカメラの絞りを手動で調節して、イメージセンサーに到達させる光量を調整する必要があります。

Mbit/秒 (1 秒あたりのメガビット数)
ビットレートの単位。特定地点をビットが通過する速度を表します。一般に、ネットワークの「速度」を表すために使用します。LAN の伝送速度は 10 または 100 Mbit/秒です。「ビットレート」も参照。

モニター
モニターは、一般的なテレビとよく似ていますが、標準テレビ信号を受信するための電子回路はありません。

最低照度$
カメラで適度な画質の撮影をするために必要な最低限の光量を指します。最低照度は照度の単位であるルクス (lx)で表されます。通常、適度な露出においては光量が多いほど画質が向上します。光量が不十分な場合、画像が暗くなったり、ノイズが発生します。高画質を実現するために必要な光量は、カメラやその光感受性に影響されます。

Motion JPEG
Motion JPEG は、ネットワークビデオ用の簡易圧縮/解凍技術です。画像の動きや複雑さに影響されず、遅延が少なく、高画質が保証されます。圧縮レベルを調整することで画質を制御でき、それによってファイルサイズが変わり、さらにはビットレートを左右します。
Motion JPEG ストリームから個別の高画質画像を簡単に抽出できます。「JPEG」と「GIF」も参照。詳細情報:圧縮規格

メガピクセル
「ピクセル」を参照。

MPEG (Moving Picture Experts Group)
MPEG(Moving Picture Experts Group) は、デジタルビデオおよびオーディオ用の圧縮規格を策定しました。この団体は、ISO(国際標準化機構) の後援で運営されています。MPEG 規格は、さまざまな目的に合わせて開発された一連の規格シリーズとして進化しています。詳細情報:圧縮規格

MPEG-2
MPEG-2 は、オーディオおよびビデオコーディング規格群の名称です。一般に、デジタル衛星やケーブルテレビなど、放送信号向けのオーディオおよびビデオを符号化するために使用されます。一部に変更を加えた MPEG-2 は、一般の商用 DVD 映画のコーディング方式としても採用されています。詳細情報:圧縮規格

MPEG-4
MPEG-4 は、音声およびビデオのコーディング規格群とその関連技術を指します。MPEG-4 規格の主な用途は、Web (ストリーミングメディア) および CD 頒布、変換 (テレビ電話)、テレビ放送などです。
MPEG-4 に含まれる機能のほとんどは、実装するかどうかの判断が各デベロッパーに委ねられているため、MPEG-4 規格セットのすべてを含む完全な実装はおそらくありません。これに対処するために、「プロファイル」および「レベル」という概念が取り入れられ、アプリケーションのサブセットに合わせて特定の機能セットを定義できるようになっています。詳細情報:圧縮規格

マルチキャスト
単一のデータストリームを複数のネットワーク受信先に同時に配信することによって帯域幅の使用率を削減する、帯域幅節約技術。「ユニキャスト」も参照。

マルチプレクサ
マルチプレクサとは、最大 16 台のアナログカメラから送られたフル画面の画像を提供する高速スイッチです。マルチプレクサは、他のカメラからの干渉を受けずに、特定の 1 台のカメラで起こったことを再生できます。

ネットワーク接続
コンピュータネットワークまたは個別のデバイスのネットワーク (インターネット、LAN など) への物理接続 (有線またはワイヤレス) および論理 (プロトコル) 接続を指します。

NTSC (National Television System Committee)
NTSC は、日本、米国および米国大陸のその他の地域でテレビシステムに採用されている、アナログカラー放送のエンコーディング方式です。NTSC は、30 フレーム/秒のリフレッシュレートで 1 フレームにつき 525 本のテレビ回線を使用してビデオ信号を符号化します。「PAL」も参照。

OEM (相手先ブランド製造会社)
他企業の独自の商品名で販売される製品を製造する企業のこと。

ONVIF (Open Network Video Interface Forum)
ONVIF は、ネットワークビデオ製品用インタフェースのグローバル規格を策定しているオープンな業界フォーラムです。詳細情報:ONVIF

PAL (Phase Alternating Line)
PAL は、ヨーロッパおよび世界のその他の地域でテレビシステムに採用されている、アナログカラー放送のエンコーディング方式です。PAL は、25 フレーム/秒のリフレッシュレートで 1 フレームにつき 625 本のテレビ回線を使用してビデオ信号を符号化します。「NTSC」も参照。

PEM (Privacy Enhanced Mail)
電子メールのセキュリティ保護を提供する初期の規格。PEM 形式は、HTTPS 証明書や証明書リクエストを表示するためによく使用されます。

Ping 
Ping は、ネットワークホストまたはデバイスのステータスを診断するために使用される、基本的なネットワークプログラムです。Ping を使用して、特定のネットワークアドレス (IP アドレスまたはホスト名) が使用されているかどうかや、そのアドレスにあるホストが正常に応答するかを調べることができます。Ping は、Windows のコマンドプロンプトや UNIX のコマンド行などから実行できます。

P アイリス
P アイリスは、アクシスコミュニケーションズのスウェーデン本社と日本の興和により開発された精確な自動絞り制御機構です。P アイリスは、P アイリスレンズと、画質を最適化する特別なソフトウェアで構成されます。詳細情報:絞りの種類

ピクセル (画素)
ピクセルとは、デジタル画像を構成する無数の小さなドットの 1 つです。個々のピクセルの色と明暗度により、全体画像の中のごく狭い領域が描画されます。

PoE (Power over Ethernet)
PoE(Power over Ethernet) は、ネットワーク接続に使用するケーブルと同じケーブルを使用してネットワーク機器に給電する機能です。コンセントから機器に電源を供給するのが困難であるかコストが高くつく場所で、IP 監視やリモートモニタリングを行いたい場合に非常に便利です。詳細情報:Power over Ethernet

PPP (Point-to-Point Protocol)
2 台のネットワーク機器間の通信にシリアルインターフェースを使用するプロトコル。電話回線を使って PC をサーバーに接続する場合がこの例です。

PPTP (Point-to-Point Tunneling Protocol)
企業が専用「トンネル」を経由して自社の企業内ネットワークを公衆網のインターネットに拡張するためのプロトコル。この方法により、企業は WAN (広域ネットワーク) を単一の大規模 LAN (ローカルエリアネットワーク) として効率的に利用できます。このように相互接続されたネットワークを仮想私設網 (VPN) と呼びます。 

Privacy masking (プライバシーマスキング)
ほとんどの Axis PTZ ドームカメラでは、3D プライバシーマスキングに対応しています。この機能では、場面の一部のエリアを選択し、その表示や録画をブロックまたはマスクキングできます。マスキングがカメラの座標システムに伴って移動するため、パン、チルト、ズームのためにカメラの視野が変化した場合でもマスキングが維持されます。 

プリ/ポストアラーム画像
警報直前と直後の画像。画像はバッファに保存され、後から取得できます。

プログレッシブスキャン
プログレッシブスキャンでは、インターレースビデオと異なり、1/16 秒間に行単位で全体画像を走査します。インターレース走査のように、走査画像が異なるフィールドに分割されることはありません。

コンピュータのモニターで画面に画像を表示するためにインターレース走査を行わなくても、1、2、3、4、5、6、7 というように完全な順序で一度に 1 行ずつ画像が順次表示されるため、画面のちらつきが抑えられますこれは、監視カメラが設置された環境で、走っている人物などの動体画像の細部を表示する際に重要な点です。プログレッシブスキャンの利点を最大限に引き出すには、高画質のモニターが必要です。「インターレース」も参照。詳細情報:プログレッシブスキャンとインターレース

プロトコル
2 つのエンティティの通信方式を管理するルールセット。プロトコルは、さまざまなレベルの通信で規定されており、ハードウェア用のプロトコルとソフトウェア用のプロトコルがあります。

プロキシーサーバー
インターネットを使用している企業では、プロキシサーバーがワークステーションユーザーとインターネットを仲介する役目を果たします。プロキシーサーバーは、セキュリティ、管理制御、およびキャッシングサービスを提供します。プロキシーサーバーがゲートウェイサーバーまたはゲートウェイサーバーの一部に接続されていると、企業ネットワークを外部のネットワークやローカルのファイアウォールから効果的に分離できます。企業ネットワークを外部の侵入から守るのは、ファイアウォールサーバーの役割です。
プロキシーサーバーは、多数のユーザーからインターネットサービスの要求 (Web ページ要求など) を受信します。プロキシーサーバーがキャッシュサーバーでもある場合、以前にダウンロードされた Web ページがないかローカルキャッシュを検索します。ページが見つかった場合、要求をインターネットに転送せずに、見つかったページをユーザーに返します。キャッシュ内にページがない場合、プロキシーサーバーはそのユーザーのクライアントとして機能し、自マシンの IP アドレスの 1 つを使用して、インターネット経由で別のサーバーからのページを要求します。要求したページが返されると、プロキシーサーバーは、最初の要求者であるユーザーにページを転送します。

P-VOP
「VOP」を参照。

Quad view(クワッドビュー)
Quad view(クワッドビュー) には、最大 4 台のカメラの画像を 1 つの画面に表示できます。各カメラの画像が表示画面の約 4 分の 1 を使用します。

QoS(Quality of Service)
QoS(Quality of Servie) は、ネットワーク上の選択したトラフィックに一定レベルの資源割り当てを保証する手段です。品質の定義は、帯域幅の維持レベル、遅延の少なさ、パケット欠落がないことなどが基準となります。Axis ネットワークビデオ製品の QoS では、製品から送出されるさまざまなタイプのネットワークトラフィックについてデータパケットの品質を定義しています。これにより、ネットワークルーターやスイッチで特定タイプのトラフィックのために一定量の帯域幅を予約することなどが可能になります。詳細情報:QoS (Quality of Service)

解像度
画像の解像度は、どれだけ精細なデジタル画像を維持できるかを示す基準です。解像度が大きいほど、精細度が高いことを意味します。解像度は、ピクセル列 (幅) にピクセル行 (高さ) を掛けて表します (例、320 x 240)。

また、画像に含まれる総画素数 (通常の単位はメガピクセル) で表すこともできます。アナログシステムの場合は一般に、CIF、QCIF、4CIF など、他の画像形式を使用します。詳細情報:解像度

RS-232
RS-232 は、長年定着している規格で、デバイス間の低速シリアルデータ通信用の物理インターフェースおよびプロトコルが規定されています。たとえば、コンピューターがモデムやその他のシリアル接続デバイスとトークおよびデータ交換する際にこのインターフェースを使用します。

RS-422
RS-422 は、4 線式、全二重、差動回線、マルチドロップ通信を規定したシリアルデータ通信プロトコルです。RS-422 は、単方向/無反転、終端/非終端の伝送回線でのデータ平衡伝送について規定しています。RS-422 は複数のドライバには対応せず、複数のレシーバーにのみ対応しています。推奨最大距離は 1.2 km で、推奨最大ボーレートは 10Mbit/秒です。

RS-485
RS-485 は、RS-422 の上位規格で、同一の接続で最大 32 台のデバイスをサポートします。RS-485 は、2 線式、半二重、マルチポイントのシリアル接続を規定した電気仕様です。RS-485 では、ローカルネットワークとマルチドロップ通信のリンクを低コストで構成できます。データ伝送速度が最大 10Mbit/秒と高速で、ツイストペアケーブルを使用して差動平衡伝送を行うため (RS-422 と同じ)、比較的長距離 (1.2 Km) に拡張できます。RS-485 は、ドライバとレシーバーの電気特性のみを規定したもので、データプロトコルの規定または推奨はありません。

RTCP (Real-Time Control Protocol)
RTCP は、イントラネット内のあらゆる規模のグループによるリアルタイムコンファレンス機能のサポートを提供します。これには、オーディオ/ビデオブリッジやマルチキャスト/ユニキャスト変換装置などのゲートウェイのサポートとソース識別が含まれます。

レシーバーからの QoS(Quality-of-Service) のフィードバックをマルチキャストグループに提供するほか、異なるメディアストリームの同期をサポートします。

RTP (Real-Time Transport Protocol)
RTP は、リアルタイムデータ (音声と動画など) 伝送用のインターネットプロトコルです。メディアのオンデマンドサービスのほか、インターネットテレフォニーなどの対話型サービスにも使用できます。

RTSP (Real Time Streaming Protocol)
RTSP は制御プロトコルで、RTP、マルチキャスト/ユニキャストなどのトランスポートのネゴシエーションやコーデックのネゴシエーションの開始点となります。

RTSP は、メディアサーバーによって配信されたメディアストリームを制御する「遠隔コントロール」と考えることができます。RTSP サーバーでは通常、音声/ビデオデータの実伝送用プロトコルとして RTP を使用します。

ルーター
最終宛先までのパケット転送経路の次のネットワークポイントを判別するデバイス。ルーターでは、特定宛先に到達する最適な経路の情報が保存された、特別なルーティングテーブルの作成と管理のいずれかまたはその両方を行います。ルーター機能は、ネットワークスイッチの一部として搭載されている場合があります。「スイッチ」も参照。

サーバー
一般に、サーバーとは、同じコンピューターや別のコンピューター上にある他のコンピュータープログラムに対してサービスを提供するコンピュータープログラムのことを言います。サーバープログラムを実行しているコンピューターも、よくサーバーと呼ばれます。実際のサーバーには、サーバープログラムとクライアントプログラムをいくつでも含めることができます。Web サーバーは、要求された HTML ページまたはファイルをクライアント (ブラウザ) に提供するコンピュータープログラムです。 

シャープネス
画像内の精細度を制御する機能です。この機能は元々、ノッチフィルタデコーダを装備したカラーテレビに導入されました。ノッチフィルタは、画像の白黒領域に含まれるすべての高周波部を取り除きます。シャープネス制御では、フィルタによって取り除かれた精細部の一部を画像内に戻すことを試みます。シャープネス制御は、昨今のハイエンドテレビにはほとんど必要のない機能です。この機能を必要とするのは、現在では VHS ビデオのみです。 

単方向通信 (シンプレックス)
単方向通信では、ネットワークケーブルまたは通信路で一方向にしか情報を送信できません。「全二重」も参照。詳細情報:音声

光感受性$
最低照度を参照してください

SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)
SMTP は、電子メールの送受信に使用します。ただし、「シンプル」という名前に示されるように、受信側でのメッセージキューイングに制限があります。そのため、通常は POP3 または IMAP という別の 2 種類のプロトコルのいずれかを一緒に使用します。これらのプロトコルによって、ユーザーがサーバーのメールボックスにあるメッセージを保存し、サーバーから定期的にダウンロードできるようになります。

SMTP 認証は、SMTP の機能拡張です。SMTP 認証を使用する場合、クライアントはメールサーバーにログインしてからでないと、電子メールを送信できません。この機能を使用すると、適正なユーザーが電子メールを送信可能になり、スパム送信者などの不正ユーザーに対してはサービスを拒否できます。

SNMP (Simple Network Management Protocol)
SNMP は、IETF(Internet Engineering Task Force) が策定したインターネットプロトコル群の一部です。SNMP プロトコルは、あらゆる条件で管理対象となるネットワーク接続デバイスの監視をサポートします。

ソケット
ソケットは、クライアントプログラムとサーバープログラム間のネットワーク通信手段です。ソケットは、「接続のエンドポイント」と定義されます。Sockets ソケットは、一連のプログラミング要求 (関数呼び出し) によって作成および使用されます。これをソケット API(アプリケーションプログラミングインターフェース) と呼ぶこともあります。

SSL/TLS (Secure Socket Layer/Transport Layer Security)
この 2 種類のプロトコル (SSL の後継が TLS) は、安全なネットワーク通信を提供する暗号化プロトコルです。SSL は通常、HTTPS を実現するために HTTP 上で使用されます。たとえば、インターネットで電子金融取引を行う場合に使用されています。SSL は、公開鍵認証を使用してサーバーのアイデンティティを検証します。

サブネットおよびサブネットマスク
サブネットは、組織のネットワークで識別可能な独立した一部分を指します。一般に、サブネットは、特定の地理的場所 (1 つの建物) か同一の LAN(ローカルエリアネットワーク) 上にあるすべてのマシンを指します。組織のネットワークを複数のサブネットに分けることで、単一の共有ネットワークアドレスを使用して各サブネットをインターネットに接続できます。
サブネットマスクは、データパケットの転送先となるサブネットの検出方法をネットワークルーターに通知する、IP アドレスの一部です。サブネットマスクを使用することにより、ルーターが 32 ビットの IP アドレス全体を処理しなくても、サブネットマスクで選択されたビットを調べるだけで済むようになります。

スイッチ
スイッチは、ネットワークセグメントをまとめて接続するためのネットワーク機器です。スイッチは、データユニットを次の宛先に送信する経路を選択します。一般に、スイッチはルーターよりも機構が簡略化されて高速であり、ネットワークや経路判別方法に関する情報を必要とします。スイッチの中にはルーター機能を搭載しているものもあります。「ルーター」も参照。

TCP (Transmission Control Protocol)
TCP は、コンピューター間をネットワーク経由でデータをパケットとして転送するために、IP(インターネットプロトコル) と共に使用します。IP は、実際のパケット転送を処理します。一方、TCP は、要求された Web ページファイルなどの通信を分割した個々のパケットを追跡し、すべてのパケットが宛先に到着すると、パケットを再結合して完全なファイルを再構成します。

TCP は、接続指向のプロトコルです。通信するアプリケーション間でデータのやり取りが完了するまで、2 つのエンドポイント間で接続が確立され、維持されます。

Telnet
Telnet は、別のネットワークデバイス (コンピューターなど) にアクセスする簡易手段です。HTTP プロトコルと FTP プロトコルを使用する場合、リモートコンピューターの特定ファイルを要求できますが、そのコンピューターのユーザーとしてログオンすることはできません。Telnet を使用すると、リモートコンピューターに常駐している特定のアプリケーションやデータに対して与えられているアクセス権に関係なく、正規ユーザーとしてログオンできます。

TVL (TV ライン)
アナログビデオの解像度の定義方式。

UDP (User Datagram Protocol)
UDP は、IP(インターネットプロトコル) を使用するネットワーク上のデータ交換サービスを制限付きで提供する通信プロトコルです。UDP は、TCP(Transmission Control Protocol) に代わる方式です。UDP の利点は、すべてのデータを送信する必要がなく、ネットワークの輻輳が発生した場合などに、ネットワークパケットをドロップできます。いずれにしろ表示されない古い情報を再送信しても意味がないため、ライブ動画の配信に適しています。

ユニキャスト
単一の送信者と単一の受信者間のネットワーク通信。新しいユーザーごとに新しい接続を確立します。「マルチキャスト」も参照。

UPnP(TM)
ネットワーク上のデバイスをピアツーピアで自動検出する、一連のコンピューターネットワークプロトコル。UPnP は、UPnP フォーラムによって提案された仕様です。

URL (Uniform Resource Locator)
ネットワーク上の「アドレス」。

USB
(ユニバーサルシリアルバス) コンピューターと周辺機器 (スキャナ、プリンターなど) 間をプラグアンドプレイで接続するインターフェース。

VAPIX®
VAPIX® は、Axis 独自のオープンな API(アプリケーションプログラミングインターフェース) です。柔軟性と拡張性を持たせながら、他のシステムを低コストで効率よく統合し、将来保証を提供します。詳細情報:ネットワークビデオデベロッパーページ

バリフォーカルレンズ
通常のレンズが 1 つの固定焦点距離にしか対応できないのに対し、バリフォーカルレンズは、広範囲の焦点距離に対応できます。

ビデオエンコーダー
ビデオサーバー。詳細情報:ビデオサーバーとは?

VPN (仮想私設網)
VPN 内のポイント間にセキュアな「トンネル」を作成します。VPN 内では、適正な「キー」を持つデバイスのみを使用できます。VPN ネットワークは、企業内 LAN (ローカルエリアネットワーク) 内に設けることができますが、インターネットを経由して異なるサイトを安全に接続することもできます。専用回線やインターネットを使用してリモートコンピューターを企業内ネットワークに接続するのは、VPN の一般的な導入例です。詳細情報:ネットワークセキュリティ

VOP (Video Object Plane)
VOP とは、MPEG-4 ビデオストリームの画像フレームのことです。VOP にはいくつかタイプがあります。
I-VOP は完全な画像フレームです。
P-VOP では、効率がよくなる場合に、複数の画像の差分データを符号化します。この方法が効率的でない場合、また、全く新しい画像を送信する場合には、画像全体を符号化します。

WAN (広域ネットワーク)
LAN に似ていますが、地理的により広い規模が網羅されます。

W-LAN (ワイヤレス LAN)
ワイヤレス LAN は、搬送波として無線波を使用する、ワイヤレスのローカルエリアネットワークです。エンドユーザーは配線なしでネットワークに接続します。一般に、メインのネットワーク構成には有線接続が使用されます。

Web サーバー
Web サーバーとは、Web ブラウザがインターネットに接続したコンピュータからファイルを取得するためのプログラムです。Web サーバーは、Web ブラウザからの要求をリッスンし、ファイル要求を受信したときに、そのファイルをブラウザに返送します。

Web サーバーの主な機能は、他のリモートコンピューターにページを配信することです。そのため、Web サーバーは、インターネットに常時接続しているコンピューターにインストールする必要があります。また、Web サーバーは、サーバーアクセス統計の監視およびロギングを実施しながら、サーバーのアクセスも制御します。

WEP (Wired Equivalent Privacy)
IEEE 802.11 規格に規定されている無線通信用のセキュリティプロトコル。この仕様は、通常有線 LAN に求められるレベルと同等のセキュリティおよびプライバシーを、WLAN(ワイヤレスローカルエリアネットワーク) で実現するために策定されました。セキュリティ仕様には、40 ビットと 128 ビットの 2 種類の暗号化方式があります。ビット数が多いほど、より安全に暗号化されます。詳細情報:ネットワークセキュリティ

WINS (Windows Internet Naming Service)
WINS は、Microsoft Windows NT Server に付属する機能です。ワークステーション名やロケーションと IP アドレスの関連付けを管理し、構成変更のたびにユーザーや管理者が設定を行わずに済むようにします。

WPA-PSK (Wi-Fi Protected Access - Pre-Shared Key)
このワイヤレス暗号化方式では、事前共有キー (PSK) を鍵管理に使用します。鍵は通常、手入力の 16 進値、16 進文字、またはパスフレーズとして指定できます。WPA-PSK は、WEP よりもセキュリティ強度が高い暗号化方式です。

ズームレンズ
ズームレンズを動かす (ズームする) と、被写体の視野を拡大して細部を表示することができます。

axisFlexSubContent